READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

フィリピンの子供たち149人に栄養価の高い給食を!

外舘 孝則(NPO法人エンチャイルド代表) 

外舘 孝則(NPO法人エンチャイルド代表) 

フィリピンの子供たち149人に栄養価の高い給食を!

支援総額

612,000

目標金額 600,000円

支援者
46人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
13お気に入り登録13人がお気に入りしています

13お気に入り登録13人がお気に入りしています

プロジェクト本文

フィリピンの子供たち149人に栄養価の高い食事を!

50食の食事をとってもらい、健やかに育ってほしい!

 

皆さん、初めまして! NPO法人エンチャイルド(東京都世田谷区)理事長の外舘孝則(とだてたかのり)と申します。NPO法人エンチャイルドは、「地球は一つの家族」という視点から、未来を担う子供たちに対して国境を超えたグローバルな支援を行う必要があると考え、海外教育支援プロジェクトを展開しています。「世界の子供たちを元気にしよう!」がモットーです。主な事業内容として、小学生からハイスクール生(日本でいうと中高生)を対象とした奨学金支援プログラムと、大学生を対象とした奨学金支援プログラムの二つの教育支援を行っています。

 

2001年以来、中国、フィリピンを中心に、延べ400人以上の子供たちを支援してきました。「家族だから助けたい!」を合言葉に、経済的援助だけでなく、地球家族の一員としての“家族愛”による国際交流を実現したいと考えています。

 

フィリピンの子供たちに栄養価の高い食事を作る材料費を

皆様にご支援いただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします!

 

(ミンダナオ島ブトゥアン、マガリャーネス地域の奨学生たちと)

 

貧困家庭の子供たちにお腹いっぱいになってもらいたい!

 

今回、私たちが行おうとしている企画は、フィリピン・ミンダナオ島、マガリャーネスのサント・ニノ小学校の児童に対するフィーディングサービス(給食支援)プロジェクトです。今年に入り、地域の基幹産業である木材加工工場の相次ぐ倒産、閉鎖により、マガリャーネス地域には貧困家庭が増加し、一日三食の食事がままならず、お腹を空かせた子供たちが急増しています。特に貧困な家庭の子供たちの事情は深刻です。

 

9月中旬に、マガリャーネス地域のプロジェクトパートナーのボロンガイタさん夫妻から一通の手紙が届きました。

 

「サント・ニノは、マガリャーネスにある最も貧困なバランガイ(最小行政単位)の一つです。人々は教育を十分に受けておらず、小規模な漁師として働きつつも、子供たちを学校に通わせるのに足る収入を得ることができずにいます。一日に三食食べられることはめったになく、大抵一食です。工場で働いていた人たちは工場が倒産して閉鎖されたため、仕事を失ってしまいました。サント・ニノには児童数149人の小さな小学校があります。皆、生きていくために必死です。9月11日、この小学校のメリンダ・ボンチュアン校長が朝早くから私を訪ねて来て、エンチャイルドに教育支援と、特に児童に対する食事の支援を提供してもらえないかという依頼をしてきました……」

 

現地のプロジェクトパートナーと話し合い、検討した結果、エンチャイルドとしてサント・ニノ小学校の児童への緊急支援プロジェクトを立ち上げることにしました。

 

具体的には、一日一食80円の予算で栄養価の高い食事を50回分、サント・ニノ小学校全校児童149人の子供たちに提供したいと考えています。

 

目標としては、このプロジェクトの成果をクリスマスのプレゼントとして贈りたいと思っていますが、遅くとも2015年の新年1月にはフィーディングサービス(給食支援)を開始できるようにしたいと考えています。

 

(サント・ニノ小学校)

 

(児童たちと校長先生)

 

(サント・ニノはアグサン河沿いの小規模な漁師が多い地域です)

 

(サント・ニノの人々の暮らしの様子/水害も多い地域です)

 

(質素な食事の様子)

 

エンチャイルドは今後も支援が必要な子供たちに対する奨学金支援プログラムを拡大していく計画ですが、子供たちにとって“今”必要なことは「食べられない」という緊急の課題を解決してあげることです。私たちには子供たちに対するフィーディングサービス(給食支援)を実施するための財源が必要です。

 

(工場の閉鎖以降、1日に1食だけという家庭が増えています)

 

 

 

フィーディングサービス(給食支援)を通じて、サント・ニノ小学校の子供たちを元気にすることがプロジェクトのゴールです。そして、子供たちの元気な笑顔が、父母や地域の大人たちに力を与え、地域の問題解決につながることを願っています。ぜひ、皆様のご協力、ご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

<引換券について>


①3000円 の支援で受取る引換券

3000円以上支援してくださったかたにはサンクスメールと報告書(現地の喜びの声など)をお送りいたします。(在庫制限はありません)

 

②10000円 の支援で受取る引換券
10000円以上支援してくださったかたには、引換券①に加え、名刺入れ(下記写真)を一点お送りいたします。(60個限定)

 

 

③30000円 の支援で受取る引換券

30000円以上支援してくださったかたには、引換券①に加え、現地の民芸品をお送りいたします。 (20個限定)

もっとみる
プロフィール
外舘 孝則(NPO法人エンチャイルド代表) 
外舘 孝則(NPO法人エンチャイルド代表) 
特定非営利活動法人エンチャイルドの理事長をしています。エンチャイルドは、貧困事情に置かれた世界の子どもたちを対象に、奨学金給付プログラムや図書(教科書、教材)支援、給食支援などを行っています。 Vision 全ての子どもたちが夢と志を持って生きられる社会 Mission ◆教育インフラの不備や貧困などの理由によって学校に通うことのできない、あるいは、通うことができなくなってしまう可能性のある途上国の子供たちに対して、奨学金給付や学校・地域単位の教育支援プログラム、交流プログラムの実施等の支援事業を行います。 ◆子供たちが十分に教育を受けられる社会の実現を目指します。 ◆草の根レベルにおける日本と支援対象国の友好関係の深化に貢献します。

リターン

3,000

3000円以上支援してくださったかたにはサンクスメールと報告書(現地の喜びの声など)をお送りいたします。

支援者
26人
在庫数
制限なし

10,000

10000円以上支援してくださったかたには、引換券#1に加え、名刺入れを一点お送りいたします。

支援者
13人
在庫数
45

30,000

30000円以上支援してくださったかたには、引換券#1に加え、現地の民芸品をお送りいたします。

支援者
12人
在庫数
8
プロフィール
外舘 孝則(NPO法人エンチャイルド代表) 
外舘 孝則(NPO法人エンチャイルド代表) 
特定非営利活動法人エンチャイルドの理事長をしています。エンチャイルドは、貧困事情に置かれた世界の子どもたちを対象に、奨学金給付プログラムや図書(教科書、教材)支援、給食支援などを行っています。 Vision 全ての子どもたちが夢と志を持って生きられる社会 Mission ◆教育インフラの不備や貧困などの理由によって学校に通うことのできない、あるいは、通うことができなくなってしまう可能性のある途上国の子供たちに対して、奨学金給付や学校・地域単位の教育支援プログラム、交流プログラムの実施等の支援事業を行います。 ◆子供たちが十分に教育を受けられる社会の実現を目指します。 ◆草の根レベルにおける日本と支援対象国の友好関係の深化に貢献します。

あなたにおすすめのプロジェクト

国際協力で ”おもしろいこと" をやるコミュニティ誕生!

国際協力サロン(代表:田才諒哉)国際協力サロン(代表:田才諒哉)

#国際協力

累計支援者数
259人
継続会員数
120人

急性期医療を支える。北里メディカルドッグ3代目受け入れ継続へ

坂東 由紀(北里大学メディカルセンター院長 )坂東 由紀(北里大学メディカルセンター院長 )

#医療・福祉

42%
現在
1,276,000円
寄附者
75人
残り
35日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする