READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

インドネシアの記者を招く!災害時の経験を共有し減災に繋げたい

インドネシアの記者を招く!災害時の経験を共有し減災に繋げたい

支援総額

353,000

目標金額 300,000円

支援者
36人
募集終了日
2014年10月18日
プロジェクトは成立しました!
0お気に入り登録0人がお気に入りしています

0お気に入り登録0人がお気に入りしています
2014年09月05日 12:20

FPCJシンポジウムは日本とアジアをつなぎます

ご支援を頂いた皆様、また本事業を応援してくださる皆様に心から感謝申し上げます。

FPCJのヤマグチです。FPCJシンポジウムは、日本の様々な情報を世界に発信する大きなチャンスです。来年1月15日開催のFPCJシンポジウムでは、インドネシアから記者を招くことで、日本とインドネシアが災害時の経験を共有し、減災に繋がって行くことを願っております。

ここでは、前回のFPCJシンポジウム「ASEANへの情報発信強化」にパネリストとして参加したMRTV-4共同創立者・ディレクターから届いたお礼メールを紹介したいと思います。

(マイクを持っていらっしゃるのがMRTV-4共同創立者・ディレクターKhin Maung Htay氏)

 

『今年の6月から“WAKUWAKU JAPAN”というチャンネルで、日本コンテンツの放送を開始することができました!日本の主要テレビ各社と意見交換を行うなか、スカパーJSATとの提携が実現しました。FPCJシンポジウムの機会に日本にお招きいただき本当にありがとうございます。』

 

- FPCJシンポジウム開催が、日本からの情報発信という成果に繋がりました。

 

今回の取り組みには、日本アセアンセンター様からご賛同いただき、引換券の一つとして、クリアファイルをご提供いただきました。「旅の指さし会話帳」とコラボだそうで、ASEANの国ぐにに行ったら是非食べたい名物料理が紹介されています。インドネシアは「ナシゴレン」です!FPCJシンポジウムにインドネシアから記者をお招きできるよう、引き続き、皆様のご支援ご協力をお願い申し上げます。


(日本アセアンセンター様からご提供いただいた特製クリアファイルの一部)

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

・お礼のお手紙
・プロジェクト報告書(記者による報道のコピー付)
・FPCJ年間リポート
・第3回国連防災世界会議バッジセット

支援者
20人
在庫数
制限なし

10,000

alt

3,000円の内容に加えて、

・日本アセアンセンター特製クリアファイル
・和歌山県ポストカードセット5枚入り
・三陸復興手ぬぐい(白・紺どちらか一つ)
・宮城県グッズセット
・FPCJ特製エコバッグ

支援者
13人
在庫数
17

30,000

alt

1万円の内容に加えて、

・福島県グッズセット
・FPCJシンポジウムご招待状(2名様分)

支援者
2人
在庫数
3

50,000

alt

1万円の内容に加えて、

・オールドバティックバッグ(どれか1つ)
・FPCJシンポジウムご招待状(2名様分)

支援者
2人
在庫数
1

100,000

alt

1万円の内容に加えて、

・理事長赤阪清隆による出張講演会
※内容、場所、時期等の詳細はご相談の上、決定させていただきます。
※恐れ入りますが、交通費はご支援者様でご負担いただきますよう、お願い申し上げます。
・FPCJシンポジウムご招待状(2名様分)

支援者
0人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする