READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

川崎の野菜“かわさきそだち”を広めるためのラジオ番組を作りたい!

田村 寛之

田村 寛之

川崎の野菜“かわさきそだち”を広めるためのラジオ番組を作りたい!

支援総額

292,000

目標金額 280,000円

支援者
24人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
1お気に入り登録1人がお気に入りしています

1お気に入り登録1人がお気に入りしています
2014年07月03日 08:08

幻の野菜「のらぼう菜」

<幻の野菜 のらぼう菜>

 

 

<多くの飢饉から苦しむ人々を救った>

この地区では冬場の貴重な食料として重宝され、

江戸時代には天明・天保の大飢饉を救ったという伝説まで残っている。

しかし近代に入ると同地区でも都市化が進み、自家消費用野菜として細々と栽培されるにとどまっていた。

のらぼう菜が持つ「郷土の味」を知ってもらい、その種を後世に伝えること。。。

そんな想いから、平成13年に生産者の方がが「菅のらぼう保存会」を発足。

市場に出るとその味が評判を呼び、今では販売されるとすぐ売り切れてしまうほどの人気ぶりだという。

春菊のような食感で甘くて美味しいですよ。

おひたしがおススメ♬旬な時期は2月下旬から4月下旬と収穫時期が約1カ月しかなく

なかなか手に入らないので貴重なんです。

 

以下 wikiより抜粋

のらぼう菜(のらぼうな)は、アブラナ科アブラナ属の野菜である。江戸時代初期には、すでに各地で栽培されていたと伝えられる。

耐寒性に優れ、天明の大飢饉(1782年 - 1788年)及び天保の大飢饉(1833年 - 1839年)の際に人々を飢餓から救ったという記録が残る。

かき菜などの「なばな」と同系統だが、在来種のアブラナ(和種なばな)ではなくセイヨウアブラナ(洋種なばな)に属している。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

・お礼フォトメッセージカードをお送りします!

支援者
4人
在庫数
制限なし

10,000

3,000円の引換券に加え

・”かわさきそだち”の獲れたての新鮮なお野菜セット(1回分)をお送りします!
* 発送時期と野菜の内容については、こちらで決めさせて頂きます。

・J-WAVE リスナーズパワープログラムサイト内へお名前を掲載します!

支援者
20人
在庫数
10

30,000

3,000円の引換券に加え

・「かわさきそだち」の獲れたての新鮮なお野菜セット(3回分)をお送りします!
※ 発送時期と野菜の内容については、こちらで決めさせて頂きます。

・番組放送決定後、ラジオ番組内でお名前の読み上げを行います!

支援者
1人
在庫数
19

50,000

30,000円の引換券に加え

・「かわさきそだち」の獲れたての新鮮なお野菜セット(5回分)をお送りします!
* 発送時期と野菜の内容については、こちらで決めさせて頂きます。

・J-WAVE リスナーズパワープログラムサイト内へお名前を掲載します!

・市内の小泉農園でのイチゴ苗植え体験(田村も1日同行させて頂きます 9月中を予定)
*ご自分の育てたいイチゴに名札をして、収穫後、一番おいしい時期に決めたイチゴを発送します!
(1月中を予定)

支援者
1人
在庫数
9

100,000

50,000円の引換券に加え

・「かわさきそだち」小泉農園BBQへご招待します!(9月中を予定しています。)
(生産者の方と畑での交流会やピザ窯でお野菜をたくさん使った本格ピザ等スペシャルメニューをご用意しています!)

・小泉農園こだわりの「わがままイチゴ」のイチゴ狩り体験へご招待します!(シーズン中、本農園で誰よりも早くイチゴ狩りを体験できるプレミアな権利です。実施は1月中を予定しています。)
*こちらで場所・日程・内容・行程等は追って調整させて頂きます。

支援者
0人
在庫数
10

プロジェクトの相談をする