今回は、どうしてこのプロジェクトを応援して頂きたいと思ったかについて、お話いたします。

  • 深刻な栄養不良の子どもの割合31%[1]
  • 初等教育の就学率34.7%[2]
  • 15歳以上の識字率27%[3]
  • 乳児死亡率1,000人に対し105人[4]

 

南スーダンの統計はどこを取っても、世界最低水準です。

だからこそ、私にとって、とてもショックだったこと。

それは・・・、

 

生きていくことさえ困難な南スーダンに、命の危険を感じ隣国から逃れてきた難民が26万人以上もいることです。

 

以前勤めていた団体で、初めて南スーダン支援に関わったとき、自国より南スーダンの方が「少しでもより安全」と感じる難民の方々が大勢いることを、恥ずかしながら私は全く知りませんでした。

 

 

私が、スーダン・南スーダンという国を知ったのは、南スーダンがスーダンから独立するずっと前、私が学生だった時です。

その頃、スーダンの内戦は「世界最悪の人道危機」と呼ばれており、「世界最悪」というフレーズとテレビなどで見る残虐なイメージが強く印象に残っていました。そんな印象が消えないまま、2011年に南スーダンが独立し、世界で一番新しい国・南スーダンへの復興支援が注目されるようになりました。

 

今、残念ながら紛争が再発し、日本でも自衛隊が派遣されている国として、ニュースなどで南スーダンという国名を耳にする機会が増えました。

 

 

しかし、隣国から南スーダンに逃れてきた難民の置かれている過酷な状況が、世界的に注目されることは、今もほとんどないように思います。

 

私も以前そうであったように、南スーダンに逃れてきた難民の存在を知らない方も実は多いのではないでしょうか。

 

だからこそ、今回Ready Forを通じたクラウドファンディングで、注目されないけれど命が脅かされ逃げてきた南スーダン国内に暮らす難民の命を守るために、迅速な支援を届けなければならないと強く思っています。

 

皆さまからのご支援を届ける予定の難民居住地に暮らす子どもたち。劣悪な衛生環境下に暮らす小さな子どもたちは、予防可能な感染病や下痢によって命を落としてしまうことも少なくありません。

 

支援を届けることは、まず支援を必要としている人がいることを「知ること」から始まります。足りないものを挙げたらきりがないほど、何もかもが不足している南スーダン。

 

大人も子どもも、生きるために必要な物資や環境が整うように、皆さんもぜひReady Forを通じて、ワールド・ビジョン・ジャパンとともに支援にご参加いただけませんか?

 

-----------------

【連載6】南スーダンの難民居住地区で働くスタッフの声

【連載5】南スーダンのスタッフのご紹介 WASHオフィサー? 

【連載4】トイレと水が原因で失われる命を守りたい

【連載3】支援内容:水 -手を洗うことの大切さを伝えるために

【連載2】どうしてこのプロジェクトを応援してほしいの?

【連載1】ご挨拶

 

 


[1] UNICEF, Situation Assessment of Children and Women in South Sudan, 2015.

[2] Ibid

[3] World Bank, South Sudan Overview, 2016. http://www.worldbank.org/en/country/southsudan/overview

[4] Ibid

新着情報一覧へ