NGK代表・江尻でございます。

 

皆様のお力添えにより、一昨日、ネクストゴールへ到達させて頂きました。

追加でご支援下さった方々、新規でご支援下さった方々、お子様の優先参加権をお申込み下さった保護者の方々、そしてそもそものここへ至る土台である5月にご支援下さった方々、JMM読者の皆様、ご支援くださった全ての皆様に再度、心より感謝を申し上げます。

m(_ _)m

 

そんな中、一昨日小6の娘が盲腸になり、私事を理由に皆様へお礼を申し上げるのが遅れました事を、併せてお詫び申し上げます。

m(_ _)m

 

キャンプ開催以外のシーンにおいては、何にせよ超不便な田舎での二人暮らしなので、仕事が立て込んでいたり出張を予定している時に彼女に入院でもされてしまうと完全に「お手上げ」になってしまうのですが、なかなか感覚が鋭く出来た娘で、いつも状況が酷くなる前に「マミー、お忙しい所悪いんだけれど、なんだか調子が悪い気がするので病院へ連れて行ってください」と申し出てくれるので、今回も点滴でちらして2日で治療終了となり、大騒ぎせずに済みました。実は先週は犬も調子が悪かったのですが、これも出来た犬で、自分から教えてくれました。ふたりとも其々のお医者さんに「普通じゃ気がつかない。早期でよかった。えらい。」と褒められています。

しかし、親が忙しい時に限って子どもの具合が悪くなるというのは我が家ではよくあるパターンで、毎回最悪の状況にはならないものの、いったいどういうKarmaなのかと、つい考えてしまいます。

 

こういう「難」が起きる度に、キャンプの先生達と私は「 Life's a B**CH!! だね〜w」と言って励まし合います。LifeがそれこそKarmaになったりする時もありますが、これは否定的な意味ではなく、単純に人生の「難」への掛け声であります。つまり、如何に謙虚にKarmaを受け止め、そこから学び、ポジティブに「難」を乗り越えるか。「やられたねっ!頑張ろー!」みたいな感じです。

 

ここで「頑張れ」ではなく「頑張ろう」なのが、NGKの良い所だと私は思っています。それこそKarmaの話になりますが、私たちは良くも悪くも縁あって、今のチームになっていると思っています。そこで大なり小なり様々な出来事を他人事と思うか、チーム全体の事として捉えるか。主任講師のジェフを筆頭に、こういった感覚を共有できる仲間と仕事ができる事は、私の人生に大きな意味を齎しています。

 

そしてこの度、このクラウドファンディングにおいては、ご支援下さった皆様とNGKの縁に心から感謝しております。正に「頑張れ」ではなく「頑張ろう」を具体的なサポートで示して下さった皆様方に、何度も同じ様な言い方になってしまいますが、心から感謝し、そして皆様とのご縁によって成り立つ当事業の細部までを大切に進めて行きたいと思っております。

 

「 Life's a B**CH!!」とは全く関係ないかもしれませんが、「Thousand Knives」というタイトルがなんとなく意味深なこの曲を、皆様へお送りします。私が自分に喝を入れる時に聴く「パワーソング」です。ライブ盤とかYMOのとか色々ありますが、私はピアノが好きで、あえて画像がない音だけバージョンでお聴き頂きたいと思います。

 

では、皆様、どうぞ良い週末をお迎え下さい!

 

THANK YOU AGAIN,

NGK代表 江尻 妃里

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ