READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

アイマスクを制作し、目が見えなくても映画を楽しめる体験を!

アイマスクを制作し、目が見えなくても映画を楽しめる体験を!

支援総額

612,000

目標金額 500,000円

支援者
76人
募集終了日
2015年10月30日
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録
4人がお気に入りしています

4お気に入り登録
4人がお気に入りしています
2015年09月11日 19:01

明日からいよいよシネコンで!

日々、感謝の想いでいっぱいのプロジェクト代表者の松田です。

またまたご支援いただいた皆様、誠にありがとうございます!

 

 

さて、プロジェクトの説明ページにも書きましたが、
経産省が主導でアプリを使ったバリアフリー上映を実際にシネコンに導入してみるという試みが明日スタートします! 

 

スマホで聴く音声ガイドのちらし画像

まずは鑑賞者に安心して楽しんでいただくために、
劇場側のガイドライン作りが大切なので、
明日は視覚、聴覚に障害のある当事者の方を対象に機器をお貸出しして、
その機器を使って音声ガイドと日本語字幕付きで映画を楽しんでいただく、

という形です。
 

わたしの個人的な気持ちとしては、晴眼のお客さんも機器を借りてみることが
できるようにすべきだと感じていますが、そこは、まあ…

ともかく、大きな一歩だと思って調査の成功を祈るばかりです。

 

 

調査会場となるMOVIXさいたまさんでは、
支配人はじめ皆さん新しい機器を貸し出すという面倒なミッションを
課せられたにも関わらず、大変意欲的な姿勢で、
やはり一人でも多くの方に映画を観てもらいたいという気持ちを持った
接客のプロだな、と事前のオリエンテーションで思いました!

 

 

ではここで、新しいアプリ型のシステムじゃない場合は、
どのようにして音声ガイドを聞くのか?をもう少しだけ…
 

FMラジオで受信してイヤホンで聞いてもらいます。
この方法にたどり着いた時もかなり画期的!と思いましたが、
この方法は映画の間中オペレーターが貼りついていないといけません。

その点アプリ型は、自動で同期がかかるので手間いらず。

劇場側の工事も不要です。技術のお蔭ですね。

左がFMラジオ 右が今回使うアイポッドタッチ

少しづつ、少しづつ、

映画館に行ったらいつでも目や耳の不自由なお客さんとも交流がある
という日が近づいている気がします!

わたしの野望は、晴眼(目が見える)のお客さんがかわいいアイマスクを
映画館に持参して、アプリで音声ガイド付き上映を楽しむというのが、
鑑賞方法の選択肢の1つになることです!(鼻息!)

40%達成!ご支援ありがとうございます!人気映画を公開初日に観られることは当たり前ですか?
一覧に戻る

リターン

3,000

alt

■お礼メール
■直近の音声ガイド付き上映情報

支援者
42人
在庫数
制限なし

10,000

【視覚以外の五感をフル活用する経験をあなたに!】

3,000円に加え、
■アイマスク<SHIKAKU>1枚
■アロマオイル(視覚を閉ざして香りを楽しむ)
■「見ないで遊ぶワークショップ」無料ご招待券1回分

支援者
29人
在庫数
制限なし

30,000

【視覚に頼らない映画鑑賞を自宅で体験!】

3,000円に加え、
■ あなただけのオリジナルアイマスク<SHIKAKU> 2枚
※ 刺繍でお名前かイニシャルを掲載

■ 「見ないで遊ぶワークショップ」ペアご招待券1回
■ アロマオイル(視覚を閉ざして香りを楽しむ)

■  バリアフリー仕様になっている北欧映画のDVD
「シンプル・シモン」プレゼント
(音声ガイド付き映画を自宅でも体験できます)

支援者
4人
在庫数
制限なし

50,000

【特別な体験を再び。映画鑑賞上級編!】

3,000円に加え、
■ あなただけのオリジナルアイマスク<SHIKAKU> 2枚
※ 刺繍でお名前かイニシャルを掲載

■ 「見ないで遊ぶワークショップ」ペアご招待券1回
■ アロマオイル(視覚を閉ざして香りを楽しむ)

■ バリアフリー仕様になっている北欧映画のDVD
「シンプル・シモン」プレゼント

■ バリアフリー仕様になっているDVD「渚のふたり」
(音声ガイド付き映画を自宅でも体験できます)

支援者
1人
在庫数
制限なし
プロジェクトの相談をする