二度目の投稿、杉山です。
前回の記事では多くの反響とシェアありがとうございました。
前記事「ハラール和食交流会に参加!

6月29日、イスラーム教はラマダーンに入りました。
1ヶ月も断食苦行とかもうワケわかめ。と前までは思っていました。

ラマダーンはお祝いです。
身近にムスリムがいる方は、
「Ramadan Kareem!(ラマダーンおめでとう!)」
と言ってみてください。


ラマダーンはひと月です。
その間、一切飲食をしません。
なワケありません死にます。
日が出ている間だけ、水も飲みません。
なので日が沈んだら毎日PARTYです。
家族、親戚、友人などと一緒に断食を破る食事を楽しみます。


という訳で、非ムスリムが1日だけ勝手に体験。
寝る前に麦茶を2ℓ飲んだので喉は乾かない。
牛肉の取扱い業者様との打合せでお腹は空くも、問題なし。
タバコ...風邪でもひいたような身体の感覚で倦怠感と立ちくらみ。
この日断食が解かれる時間は19:04でしたので、時間通りにタバコを吸って復活。

たった1日(日中)ですが実行前〜後まで色々考えさせられる、良い機会となりました。
水のありがたみやタバコの恐ろしさ等w
自分が普段摂取しているものにフォーカスし、どれだけ恵まれているものを消費しているかを測るものさしを見たようです。
イスラーム教では断食を通して飢餓で苦しむ人の気持ちを共有し、神への信仰心をより強めるといった意味があるそうです。
また、子供や妊婦、病気の場合などは断食してはいけないそうです。

一つ勉強になりました。
またやってみます。

新着情報一覧へ