プロジェクト概要

 

「子どもが自らの力で犯罪からいのちを守る」体験型学習プログラムを
全国の小学校に普及させるため、導入用紙芝居を出版します!

 

 はじめまして!日本こどもの安全教育総合研究所の宮田美恵子と申します。私たちは0歳から大人まで、生涯の安全安心のための研究・教育・活動を行っているNPO法人です。活動の1つとして通学路などで発生する、いわゆる連れ去りといった犯罪被害から、子どもが自分で自分のいのちを守る力の育成支援ための体験型学習プログラムを開発し、全国各地の小学校への普及にも取り組んでいます。

 

 子どもを狙った犯罪が後を絶たない中、全国の各地域では子どもの見守りやパトロール活動を開始し、現在も活発に実施されています。しかし地域の人たちの高齢化も進み、また家庭では共働きであることも多く、常に子どもを見守ることはできない現状もありますから、子どもが自分で自分を守る力を高める教育も欠かせません。

 

 しかし、より多くの子どもたちにこの学習プログラムを届けるには、現在の手作り紙芝居を製品化する必要がありますが、多額の資金が必要となり困っています。どうか皆様のご支援をいただけませんでしょうか?

 

 

連れ去りや誘拐監禁事件など、子どもをねらった犯罪が後を絶ちません。
子どもが自分のいのちを守る力の育成も大切です。

 

 栃木県旧今市市での小学生を対象とした略取誘拐事件、最近では朝霞市での中学生誘拐監禁事件など、子どもをねらった犯罪があとを絶たない現状があります。そうした中、全国の各地域では子どもの見守りやパトロール活動を開始し、現在も活発に実施されています。

 

 しかし地域の人たちの高齢化も進み、また家庭では共働きであることも多く、常に子どもを見守ることはできない現状もありますから、子どもが自分で自分を守る力を高める教育も欠かせません。

 

 そのため研究所では、子どもの防犯力に関するいくつかの調査・測定等を実施し、データをふまえ学習プログラムを開発、各地の小学校授業で体験型の学習を実践してきました。また、小学校と地域が連携して、このプログラムを導入し、継続できる仕組みの普及も進んでいます。

 

 

紙芝居を使った体験型学習プログラムで子どものぼうはん力アップを!
自分の安全を守るために必要なことを紙芝居と体験で学びます!

 

 紙芝居では子どもが自分で自分の安全を守るために必要なことをアイテムに見立てて学習の導入で紹介し、その後にアイテムを使って実践する形式で学習を進めます。実施時間は小学校授業の1コマ45分で児童全員が体験できます。紙芝居は、どこでも誰でも実演することができ、子どもたちを話の中に引き込む魅力を持っています。

 

 

体験学習プログラムにより、自分のいのちを守る防犯力を体得します。

 

 紙芝居の主人公は自分たちと同じ小学生であり、主人公の経験を通して、初めて学ぶアイテムが「なぜ必要なのか」を具体的に分かりやすく伝えられるよう工夫しています。その後に体験するプログラム内容をイメージさせるとともに、授業の後も記憶に留めやすいといった重要な役割をもっています。

 

 本学習プログラムを学校のイベントとして開催することもできますが、学ぶことができるのはそのときに参加した児童だけで、参加できない児童や翌年以降に入学する児童には学ぶ機会がありません。

 

 子どもが自分のいのちを守る力は、1人1人が理解し実践することにより初めて身に付くものですから、1回やって終わりというのではなく、各学校において必ず1度は全児童が学ぶ機会を持つことが重要です。そしてその知識や経験を忘れないためにも、紙芝居があればその後は読み聞かせるだけでも繰り返し学習することができ、知識と経験をつないでいくこともできるのです。

 

 

プログラムのもう一つの魅力は、
地域の子どもを守る活動に取り組んでいる方も
指導者=「市民先生」
として参加できること

 

 本プログラムは、紙芝居を導入として子どもが実際に体験して学びますが、その際、大人の参加があるとより学習効果が上がります。登下校時の見守りやパトロールなど子どもの安全を守る活動を日々続けている方々は、日本全国にたくさんいらっしゃいます。その方々と子どもたちが指導を通してふれあうことでお互いの距離が縮まり、子どもたちは「自分には守ってくれる人がいる」ことが実感でき、地域の方々は活動に対するさらなるモチベーション向上のきっかけとなります。

 

そこで、地域の方々を対象に「市民先生」養成講習会を実施しています。まずは補助的な役割を担当し、経験を重ねる中でプログラム全体の指導といった中心的な役割を担っていただくことを期待しています。

 

 

 子どもたちが体験学習プログラムを通して、自分のいのちや体を守る力を養成することで、危険との遭遇時に自分自身の身を守ることができ、被害者を1人でもなくすことが最大の目標です。また、地域で子どもの安全を守るために活動している方々からの指導を通して、地域の方々と子どもたちの絆がより深めるきっかけとなることも期待しています。ぜひよろしくお願いいたします!

 

 

【リターンはこちらです!】

 

■サンクスレター
■今回作成した紙芝居をプレゼント!ぜひ子どもたちと一緒に学んでいきましょう。
■紙芝居ケースと研究所HP内にお名前を記載します(希望される方のみ)
■出張!体験プログラムの実演します!(日程・交通費は応相談)

 


最新の新着情報