ATAMI ロボテックファームプロジェクトは、こどもたちに「ものづくり」や「プログラミング」を通じて、「論理的に考える」ことや「もっと違う方法がないかな?」といった「創造力」、あきらめずに挑戦し続ける「忍耐力」を小さなうちに体験してもらうことを目標に活動を続けています。
アクリルロボット講座「メカ・タートル」
こどもたちが自分の身の回りで起きていることを「何でだろう?」と不思議に思ったり、作ったものをすぐに試してみたいという好奇心は、「未来を創る大切なもの」と考えています。
うずを作ろう「トルネード・メーカー」
当団体はとても小さな団体です。そのため「2か月に1回」しか開催できないイベントを「毎月」開催できるようにするための資金を今回は募集させていただいています。機材を購入する費用や会場使用料、お手伝いの方への謝礼など、イベントを開催するためにはかなりの資金が必要です。
 
今回のクラウドファンディングが成功した場合、2019年3月からすぐにイベントを毎月開催することができますし、ドローンやAR・VR などを利用したより高度なプログラミングをこどもたちが体験できるようになります。
モジュラー方式のプログラム可能なドローン「Airblock」

 

この資金をプロジェクトの行っている事業だけで確保しようとすると、かなりの時間がかかってしまい、今やりたいことが「半年~数年後」にしか行えません。
 
また、資金が確保できた場合、こどもたちだけでなく大人や年配の方にも体験できるイベントに内容を高めることができ、親~子~孫の3世代で科学的な体験を楽しんでもらえるようになります。
 
みなさまのご協力をお待ちしております。
新着情報一覧へ