協同組合 メンバーからの感謝の手紙

みなさまこんにちは。カメルーンの養豚農家たち、カメルーン北西地区豚畜産協同組合のメンバーたちから、日本の支援者のみなさま宛に手紙が届きました。手紙といっても多くの人々は読み書きが出来ないので、組合各地代表によるミーティングでの、農家の人々の声を、読み書きが出来る中心メンバーがまとめたものになりますが、2015年を振り返って日本の支援者のみなさまへの感謝の言葉と現地の現状が綴られています。

 下記に現地の言語である英語と日本語併記で掲載させて頂きます。

 

 

Subject;- “APPRECIATION LETTER FROM MEMBERS OF NOWEPIFAC THROUGH THEIR GROUP DELEGATES”  08th June 2016

 

題;- グループ代表を通じての、カメルーン北西地区豚畜産農家協同組合

メンバーからの感謝の手紙 2016年6月8日

 

 During the regular monthly routine meeting of NOWEPIFAC group delegates for the month of June that took place at the NOWEPIFAC head office in Bamenda on Wednesday 8th June 2016, the 10 delegates present took turns to express how they and their group members feel toward the hand of fellowship extended to the pig cooperative by our Japanese supporters through our brother, son and friend Go Komatsu. 

  2016年6月8日水曜日にバメンダの協同組合本部オフィスで開かれた、6月の組合グループ代表の月例ミーティングで、10名の代表たちは、私たちの兄弟で息子で親友であるゴーコマツを通じて日本のサポーターたちがこの養豚協同組合へ差し伸べてくれた親交の手を、彼らやグループメンバーたちがどう感じているかを表すために振り返ってくれました。

 

 A member stood up and enumerated some of the projects that our Japanese supporters have assisted to make our dream come true, like the windows, door shutter of the pig cooperative building in Bawock, pig fence infrastructure project, Community training of pig farmers in Batibo sub-division and above all the assistance for office documentation, phone and internet communication which has gone a long way to keep our supporter and the public well-informed about our activities.

  あるメンバーは立ち上がって、私たちの日本のサポーターたちが私たちの夢を実現するため支援してきてくれたプロジェクトの数々、ー バウォックの組合の建物の窓やよろい戸、豚舎インフラプロジェクト、バティボ市での養豚のコミュニティ研修、そして支援者や広く人々に我々の活動をよく知らせるためにずっと出て行っていた文書費やインターネット通信費などを列挙してくれました。

 

 Another group delegate said, “I have sold some of my pigs, the stock given to me by the Dutch girl and paid my child’s school fees, thanks to the fact that our Japanese friends supported me with a good infrastructure that confined the pig ”.

  ほかのグループ代表はこうも言いました「私は私の豚を数匹売りましたが、この蓄えはオランダの少女によって与えられ、私の子どもたちの学費に充てることが出来ましたが、それは私たちの日本の友人たちが豚を囲う良質な豚舎のインフラを支援して くれたという事実のおかげでもあるのです。」

 

 “With all of the above assistance given within a very short time of acquaintance, WE  HAVE  ALL GATHEREED HERE TODAY TO SAY THANK YOU, TO ALL OUR SUPPORTERS   for standing by us in time of difficulty and it is our wish that this healthy relationship continuous for as many years as possible, God almighty being our helper”.

  「まだ短い付き合いにもかかわらず頂いた上記のすべてのご支援を胸に、私たち全員は今日 ここに、私たちの苦しい時に味方になってくれたすべてのサポーターのみなさんにありがとうと言うため集いました。そしてこの健全な交流が出来るだけ長く何年も続き、全能の神様が私たちの救い主であり続けてくれることが私たちの願いです。」

 

 We regret to inform you that one of our biggest challenges within the pig farming sector is the African Swine Fever (ASF) disease attack which is quite endemic in our area such that each year;- May, June, July, August, we experience a great set-back. We are therefore soliciting for your prayers, advice and continuous support in the areas of bio-security and community trainings so that we can be better equipped to face our major challenges.

  私たちは遺憾に思いながらも、養豚分野のなかでアフリカ豚コレラ(ASF)の疫病蔓延は最も巨大な課題であることをあなた方にお伝えせねばなりません。これは毎年のように5月、6月、7月、8月に起こる私たちの地域固有の風土病であり、私たちは大きなつまづきの中にいます。

ゆえに私たちはみなさまのお祈り、アドバイス、そして疫病対策の地域へとこの課題に向き合うためのより良い備えを私たちが出来るためのサポートを強く願っています。

 

 On a conclusive note, with reference to the bible book of Titus 2; 1-4, the project coordinator said, group delegates as adults, should  strive for perfection in their attitude Or be exemplary in everything they do in life within their different communities such that the younger generation should be able to learn from their examples.  

  聖書のタイトゥス書(テトスへの手紙)2章1~4節を引用しつつの締めくくりのコメントとして、私たちのプロジェクトコーディネーター タイトゥスは、グループ代表たちは成人として、自身の姿勢の成熟に励み、またそれぞれの違うコミュニティにおいて若い世代が彼らの例から学べるように、生活で何をするにおいても模範的であるように努めるべきだと述べました。

 

 Nju Charles                Samuel Wato            Project Coordinator

ニジュー・チャールズ  サミュエル・ワトー テグウィ・タイトゥス(プロジェクトコーディネーター)

 

“Today we look back on your works and say THANKS – ARIGATO, We will Pray for you Always”
今日私たちはあなた方の行い振り返り、「Arigato」ありがとうを言います。私たちいつでもあなた方のことを祈っています。

 

Passing on the message from supporters to the listening ears of beneficiaries on the occasion of Passing On the Gift (POG) in Batibo.
バティボ市での「賜物の受け渡し(POG)」の式典の際に受益者たちの耳に、サポーターたちからの「メッセージの受け渡し」がありました。(支援者みなさま ー 日本コーディネーター ー 現地コーディネータータイトゥス ー 農家の組合員や受益者たちと、励ましのメッセージが伝わっていったことを指していると思われます)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています