新たなプロジェクトに挑戦中です!

 

「保護ねこcafe Familia」の内海です。

現在、新たなプロジェクトに挑戦中です!!!

 

>こちらからご覧ください<

 

 

皆さまのご支援のおかげで開店出来たFamiliaです。

2017年9月の開店から現在までの1年4ヶ月の間、65匹の猫を自分の家族の元に届けることが出来ました。

そのうち8匹は成猫です。

 

カフェを開いて本当に良かったと思う事は、何度も通って家族に迎えたり、譲渡後も写真や報告で幸せな姿を教えて下さるなど、里親さんの顔が見えるので安心して猫を託せる事です。

そして、1歳前後や成猫でも、日常を過ごす自然な姿を見ていただけることです。

 

現在トライアル中の猫が2匹、2月中にトライアル出発予定の猫が7匹います。

7月の西日本の豪雨災害の時に、動物愛護センターの保護猫が増えた関係で多くの子猫を預りました。

今回のトライアルには、その時の猫もいます。

 

預った時点では、環境のせいかコクシジウムや真菌がひどい子猫、栄養が足りず低血糖で命が危ない子猫など、2階の予備の部屋で対応しましたが、毎日の熱湯消毒など和室では限界がありました。

 

また、丁度昨年の今の時期に、クラミジアに感染した猫を預り、突然目が腫れて発症し、他の猫たちにうつしました。

十分な知識と環境が無い中、他の猫風邪の猫もいて、毎日動物病院に通いました。

 

理想は、感染症ごとに保護する部屋を分けて、1日も早く治るように環境を整えることです。

 

感染症対策など、実際にカフェを運営しなければわからなかった問題点が出てきて、カフェの改修をおこないたいと思います。

 

ご友人や知人の方にプロジェクトを伝えていただくなど、再度、皆さまのご協力をお願いできませんでしょうか。

 

よろしくお願い申し上げます。

 

>こちらをクリック<

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています