第11章「そして私は、」

 みすずは佐吉の残した言葉を思い、心に誓った。「あなたのくれた生きる力と喜びと、平和への思いを、私はこれからも伝えていきます。そして、世界中で起きた様々な事件や犠牲のことを聞くたびに、思い出します、貴方のことを。人を愛することは自然を愛することだと、鳥も魚も動物たちもみんな幸せを求めて生きているのだと、人を愛することはこの地球を愛することだと教えてくれた、貴方のことを。思い出します、私(わたし)に生きる力と喜びを与えてくれた、貴方のことを。突然天に召された貴方の事を・・・・。


  これは音楽演奏です~        

           ~そして私は、~
1. あなた愛した 命がけ 何があっても 一緒ねと  
私とっても幸せに  優しいあなたと 夢を見た
突然あなたは 天に召された
何が引き裂く 二人の心   何が邪魔する 二人の愛を
あなたのいない これからも  私に生きろと いうならば
この人の世を 恨まずに  生きてみせます これからも
あなたの優しさ 胸に抱いて
命あるかぎり  心の中に  あなたは 生きてるから

2. あなた面影 胸に秘め  似た人を見て ときめいた
あなたに逢えて良かったと  優しいあなたの 夢を見た
二度と戻らぬ あなたの笑顔
心隠して なんになる  思い殺して なんのため
あなたのいない これからも  私に生きろと いうならば
この人の世を 恨まずに   生きてみせます これからも
あなたの優しさ 胸に抱いて
命あるかぎり  心の中に  あなたは 生きてるから

                                終わり

http://cocoltd.com/gionjuku2014/set10soshitewatashiha.mp3

 


引用文献
:ドキュメントの引用-豊崎博光・安田和也 「母と子で見るA34水爆ブラボー 3月1日ビキニ環礁・第5福竜丸」2004年2月10日  草の根出版
:ゴジラの話-やいづ平和学入門―ビキニ事件と第五福竜丸 加藤一夫著 論創社2012年11月10日
:焼津市歴史民族資料館刊行物 「第五福竜丸~2014年、平和への願い」
:地球に降る放射の話-ベン・シャーン「ここが家だ~ベン・シャーン~の第五福竜丸」 集英社
:原子力関連の言葉のアドヴァイス:藤田邦雄、 :焼津の言葉:石野豊、清水達蔵
:歌:わこ ギター演奏:新(あら)器量、かえり船:河田るみ子 音楽:新(あら)器量
:この物語は第五福竜丸事件のドキュメントを元にし、自らも福竜丸の乗組員であった佐吉(架空の人物)が平和への思いを妻のみすずに語る。そしてみすずは、佐吉のその思いを人々に語り続けようと心に誓う平和への願いの物語です。
:この物語を作成するにあたり、多くの方々にご協力頂きました事に感謝致します。また、この物語を多くの方々に聴いて頂く機会を持てる事を願っております。また、講演会としても音楽と共に演じさせていただきます。
 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています