プロジェクト終了報告

2016年11月02日

講演会開催!!

10月30日(日)
 「知ってください 私たちの子どものこと」

   ~てんかんってなぁに?~

 

皆さまのお力をいただき、無事に講演会を開催することができました。

本当にありがとうございました。

感謝の気持ちを込めてご報告をさせていただきます。

 

開催前に新聞にも掲載され最後の広報ができました。


そして迎えた当日・・・

この日は早朝より温かな陽射しが広がる一日となりました。

駐車場ボランティアをしてくださる皆さまが集合。

ありがとうございました!

 

受付では講演資料とてんかんのパンフレット、パープル・デイ缶バッチを

お配りしました。

当事者・家族、教職員、福祉関係者等々の100名が一堂に会し

県立こども病院 小児神経科 福山哲広先生の講演に真剣に耳を傾けました。

講演後の質疑応答も有意義な時間となり、午後の個別相談を経て終了となりました。

 

会場内にはえんがわが企画発行したガイドブック

てんかんやパープル・デイなどに関するパンフレット

子ども用車椅子マークのステッカーや絵本の紹介

えんがわメンバーの子ども達の作品展などで皆さまをお迎えしました。

メンバーはてんかん啓発カラーのパープルの手作りシュシュなど身に着け

更に腕章を準備することでスタッフであることがわかりやすいようにしました。

マイクや福山先生の左胸にも・・・♪

 

また講演会終了後には会場近くの「マツキ」さんよりパンの販売、

パテシィエールによるお菓子の販売もあり会場を賑やかにしてくれました。

 

参加された皆さまに講演会についてアンケートをお願いしました。

回収率79%のその用紙には皆さまの思いがたくさん記述されていました。

参加された皆さまにいただいたご意見を

講師の福山先生、会場にお見えになられていた日本てんかん協会長野県支部様にも

是非お届けしたいと思います。

 

てんかん専門医である福山先生のご講演は本当にわかりやすく

私も一人の母親として胸が熱くなる思いで聞き入ってしまいました。

ここでまた少し我が子のことを理解してあげることができた。

近づくことができた。

そんな気持ちになりました。

今回のプロジェクトを企画実施できたことを幸せに思います。

 

皆さまのお力で大盛況に終えた今回のプロジェクトはこれで終了になります。

でも、私たちの願い、思いを伝えていく活動は

これからも続いていきます。

随時、facebook等々で広報したいと思いますが

私たちなりに私たちらしく頑張ります。

 

人と人との「縁」が「和、輪、話・・・」を作ります

いろいろな「わ」を大切に繋げていきたい

       「えんがわ」

           代表 大久保 千鶴