クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

女子力で暴力にカツっ!~女の子の幸せを願うファッションショー

中野宏美

中野宏美

女子力で暴力にカツっ!~女の子の幸せを願うファッションショー
支援総額
723,000

目標 685,000円

支援者
50人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2014年08月05日 07:01

経験を語ること


椋木愛美と申します。
古典和歌を愛する歌人であり、
2013年11月に「世界は愛だった!」と気づいて以降
愛を伝えるお仕事も始めました。
 

性犯罪とパートナーからのDVの経験がありますが、
前者がその後の人生にずいぶん影響したように思います。
2013年の前半には
当時所属していたコミュニティ内で
「じゅおん(呪怨)」というあだ名のつけられるほどに
世界を呪っていました。
 

人に話せない事情ゆえに世界を呪い始めたのに
その呪いや怨みの表面だけを見てものの言われることを
苦々しく思っていました。
 

その年の11月に
「世界は愛だった!」と気づく機会があり、


どうにも納得しがたい理不尽で呪わしい経験こそ
愛の道具として人に伝えるべきだ、

この経験を持っている私の語る愛でなければ
耳を傾けることのできないピアがいるのだ、


と確信し、
親友からの強姦の経験を人に話すようになりました。


昔から方々で聞いていた、世界の愛に関する話に
まったく耳を貸さなかった私の心を開いてくれた男性が、
まさしく性犯罪被害者であり
かつ愛を体現している人だったからです。


彼がその経験を持ち語っていなければ
私が愛に心を開くこともあり得なかったように、
私がその経験を語っていなければ
私の愛も言葉も届かない誰かがいる。


半年強この仕事をしてきて、
実際に近しい経験をお持ちの少なくない方が
耳を傾けてくださいました。
もちろんそのような経験と無縁の方も
私を使ってくださいますけれども。


傷や痛みや呪い、
それらを使って人の力になる
というプロセスを経て初めて
その傷や痛みや呪いを持った自分自身の癒やしが
行われてゆく、
そのように思います。

カウンセリングやヒーリングで癒やされるのは
ある一定程度までで、
本当の癒やしは
それらを主体的に愛の道具として使ってこそ、
誰かを助ける道具として使ってこそだと感じます。


表向きには私が彼女たちの力になっているようでも、
本当に助けられ癒やされているのは
話させていただき、力にならせていただいている
私のほうなのだ、と解ります。


わずかですがモデル業もしている身として
このようなコンセプトのファッションショーは
私に最もふさわしく感じ、
大変ありがたいオファーとして受け止めました。
どのような形で本番を迎えることになるのか
楽しみでなりません。

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

サンクスメールをお届けします

支援者
28人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

上記+ファッションショーチラシならびに当日会場にてお名前を掲載します

支援者
18人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

上記+ファッションショーVIP席への招待状をお届けします

支援者
5人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

上記+施設で暮らす女性が製作した、ファッションアイテムをお届けします

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

上記+ファッションショーのステージに立てます(ヘア・メークはこちらで行います。衣装はご自身で準備をお願いいたします。)

支援者
2人
在庫数
制限なし

300,000円(税込)

上記+原宿シカゴ店長セレクトの、おしゃれな一点物のヴィンテージのお洋服をプレゼント

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする