READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

石田 由香理(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン)

石田 由香理(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン)

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

寄附総額

9,995,000

目標金額 8,000,000円

寄附者
195人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
18お気に入り登録18人がお気に入りしています

終了報告を読む


18お気に入り登録18人がお気に入りしています
2016年12月22日 10:00

現地からの声ーーアイリッシュの話し

今回ご紹介するアイリッシュは、フィリピンの視覚障害者で他に例を見ないくらいのエリート中のエリートです。兄弟全員が私立の一流大学に行くくらい生活には困らない家庭に生まれ、彼女自身大学院まで通いました。ですがそんな恵まれた環境課にある彼女でさえ、やはりフィリピンという国において学校に通い続けるには、沢山の困難があったようです。

 

 地方に生まれ、フィリピン国立盲学校に通学するには距離が遠かった彼女は、通信教育を選びました。弱視で大きな文字なら読むことができたため、点字のテキストがもらえない通信教育でも何とか課題を終えることができていたのです。週に2日、通信教育を受けている生徒たちが学校に集まって、共に授業を受ける日があったのですが、家庭科や体育など実技を伴う授業にはまったく参加させてもらえなかったと言います。

「体育は、たぶん先生はどうしたらいいのか分からなかったのだと思います。だから、たとえば私にボールを渡して、みんなが体育をしている間、運動場の隅っこで一人で遊んでおくように言われたり、あとはほとんどの場合はただ見学したりするだけでした」

 

 少し視力があることから、「見えているのにどうしてサポートが必要なの?」と言われることも多く、先生に、友達に、いつもいつも自分の状況を説明しなければいけない、説明しても信じてもらえない、そういう毎日もものすごくストレスだったと言います。

「友だちもほとんどできませんでした。フィリピンでは言葉で挨拶をする代わりに、相手に微笑みかけることがあります。私の場合、友達が微笑みかけてくれたことが分からなくて無視してしまう…、そうすると周囲は、私が友達を作る気はないのだと誤解するのです。最初だけ、周囲は好奇心から渡しを取り囲んで、いつから見えないのか、原因は何なのかなど聞きます。その答えに満足したら、もう話しかけてはくれない、離れて行くのです」

 

 学生時代、授業にもほとんど参加できず、友達の輪にも入れずに苦労した彼女の夢は、先生になること。

 

「今でもまだ多くの視覚障害者が、適切な学習支援が受けられず苦労しています。だから私は先生になりたい。私が学校制度を変えるとまでは言えないけれど、でも障害者にとって通いやすい学校を増やしていきたいのです」

 

一覧に戻る

ギフト

5,000

5,000円寄付コース

■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
95人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

10,000

10,000円寄付コース

■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
73人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

30,000

30,000円寄付コース

■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

50,000

50,000円寄付コース(団体HPにお名前記載)

■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

100,000

100,000円寄付コース(盲学校の寮にお名前記載)

■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

300,000

300,000円寄付コース(寄付者様のもとへ直接ご訪問)

■ プロジェクトリーダーの石田、もしくは団体代表の中島が寄付者様へ直接訪問しお礼を申し上げます
■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書代表もしくはプロジェクトリーダーが訪問

寄附者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

1,000,000

1,000,000円寄付コース(現地からあなたへの特別動画メッセージ)

■ 現地から感謝の気持ちを込めて、あなたへの特別動画メッセージをお届け
■ プロジェクトリーダーの石田、もしくは団体代表の中島が寄付者様へ直接訪問しお礼を申し上げます
■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書代表もしくはプロジェクトリーダーが訪問

寄附者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

プロジェクトの相談をする