READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

石田 由香理(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン)

石田 由香理(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン)

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

寄附総額

9,995,000

目標金額 8,000,000円

寄附者
195人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
18お気に入り登録18人がお気に入りしています

終了報告を読む


18お気に入り登録18人がお気に入りしています
2016年12月23日 10:00

現地からの声ーーナックスの話

ナックスは全盲ですが、点字の読み書きはあまり得意ではありません。彼はバタンガスと言って、首都のマニラからは車で2時間以上離れた地方に生まれたため、首都にある盲学校に通学するのは不可能でした。

 

 小学校時代は地域の学校に通ったのですが、そこでは障害のある学生へのサポートは一切行われておらず、点字を教えてくれる人もいなかったのです。教科書は誰かに音読してもらったのを録音し、授業を録音することでノート代わりにし、宿題などは他者に代筆してもらっていました。この状況では小学校以上には進学できないと限界を感じ、7年生から親元を離れて、寮生活をしながらフィリピン国立盲学校に通いました。

 

 盲学校に通い始めてから、ようやく点字を習ったのですが、その時かれはすでに13歳、点字を覚えるには覚えたものの、この年齢からですと読み書きのスピードはあまり上がりません。大学生になった今、ノートを取って復習したり、レポートを書いたりする際には点字も使いますが、結局小さいころから慣れ親しんだ録音のほうが楽だと言います。

 

 あまり裕福でない彼の家庭ではインターネットが使えません。画面読み上げソフトの入ったノートパソコンは、視覚障害者を支援しているアメリカ系NGOから借りているもので、彼自身のパソコンは持っていません。大学の課題を行うためには、大学や図書館などインターネットが使えるところに行かなければならず、ガイドヘルパーが見つからない日は出歩けませんし、そこへ行くための交通費もかさむため、好きな時に勉強や課題を行うことができないのです。

 

 文字を使った学習や情報収集面で不利な彼にとって、唯一バリアが低い科目は音楽です。現在大学4年生の彼は、音楽の教員を目指すコースを履修しています。

 

盲学校での勉強の様子
一覧に戻る

ギフト

5,000

5,000円寄付コース

■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
95人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

10,000

10,000円寄付コース

■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
73人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

30,000

30,000円寄付コース

■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

50,000

50,000円寄付コース(団体HPにお名前記載)

■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

100,000

100,000円寄付コース(盲学校の寮にお名前記載)

■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

300,000

300,000円寄付コース(寄付者様のもとへ直接ご訪問)

■ プロジェクトリーダーの石田、もしくは団体代表の中島が寄付者様へ直接訪問しお礼を申し上げます
■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書代表もしくはプロジェクトリーダーが訪問

寄附者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

1,000,000

1,000,000円寄付コース(現地からあなたへの特別動画メッセージ)

■ 現地から感謝の気持ちを込めて、あなたへの特別動画メッセージをお届け
■ プロジェクトリーダーの石田、もしくは団体代表の中島が寄付者様へ直接訪問しお礼を申し上げます
■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書代表もしくはプロジェクトリーダーが訪問

寄附者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

プロジェクトの相談をする