READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

北海道の蜜蜂とハーブのガーデンに休憩所やトイレを設置したい!

尾形剛

尾形剛

北海道の蜜蜂とハーブのガーデンに休憩所やトイレを設置したい!

支援総額

93,000

目標金額 750,000円

支援者
6人
残り
終了しました
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなり、返金が行われます。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年06月03日 07:27

ラストメッセージ

ハーブやミツバチたちからのメッセージ

 

 

生かされているという感覚

 

ガーデンで花々の世話をしながらミツバチを眺めていると、わたしたちは生きているのではなく、生かされている。という感覚になります。

それぞれの生き物にはそれぞれの理由があり、そこに存在しています。

自分だけで生きているのではなく、すべての生き物が相互依存の関係性を持って存在している。

すべてを認め、すべてを受け入れる。

 

そうすると謙虚になります。

 

やさしくなれます。

 

 

 

「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」

 

植物は自ら動いて移動することはできません。

唯一の方法は種を遠くへ運んでもらう。

風、動物、そして人。

もっとも植物の移動に寄与したのは間違いなく人です。

食べものとして、アンデスから世界各地へ運ばれたのがジャガイモ、トマト。

また、食べものだけではなく成長が早く、土木工事の切り盛りの土留めに北米原産のニセアカシアが使われました。

ニセアカシアは、蜜源樹木としても多くの花蜜を出すため、外来種ですがなくてはならない存在となりました。

ミツバチだけではなく、在来種のハチ達もニセアカシアが開花して花蜜を出すと大喜びで集まります。

そのため、在来種を駆逐するほどの勢いで勢力を伸ばすニセアカシアをブルーリスト(特定外来種)として伐採しようとする意見もありますが、それは同時に在来種の昆虫たちに大きな影響を与える行為につながります。

 

どれが良い、どれが悪い、の選択ではないのです。

 

人の手によって環境に変化を与えたのだから、人の手によって管理しようとすること自体がそもそもおこがましいのかもしれません。

確かに人が持ち込んだ外来種ではありますが、生命力が強く、成長が早く、昆虫が喜ぶ花蜜をたくさん出すこと自体、生息域を広げようとするニセアカシアの巧みな成長戦略なのかもしれません。

そう考えると、人はすべて自然からの恵みによって食べものや社会環境を維持していることが分かります。

人はなにひとつとして食べものを生産できないのですから。

すべては植物たちの成長戦略によって人々は働かされているとも考えられるのです。

人ほど相互依存によって生かされている生き物はないとも言えるでしょう。

そう考えると、自然に対して、大地に対して、謙虚にならざるを得ないとわたしは思うのです。


 

 

自然に対しての仕打ち

 

そんな自然に対して、わたしたちは化学薬品を用いて植物を枯らしたり、都合の悪い昆虫を害虫と称して殺したりしています。

昨今、問題となっているのがネオニコチノイド系農薬です。

古くからその強い毒性が認められてきたニコチンを人為的に毒性を弱めて、人など哺乳類や水生動物には影響がほとんどないと、夢の農薬のように謳われて使用されてきました。

しかし、水溶性で浸透性の高いこの農薬は、植物への吸収が高く、花蜜を食べたハチたち昆虫に異変をもたらしています。

この毒性は神経系へ影響するため、長くもがき苦しみながら死んでいくのです。


また、ペットのノミ・ダニ剤として商品化され、アメリカでは年間約8000匹の犬や猫が犠牲になっているとの報告もあります。

また、昆虫・ペットだけではなく、人への影響も報告されはじめました。

特に胎児や乳幼児などの身体の成長過程にある子どもたちへの影響は甚大で、日本やアメリカの小児科学会では発達障害児の増加の因果関係が報告されはじめています。

世界のいくつかの国々は、禁止の方向へ向かっていますが日本では残留濃度の値でさえ緩和しようとしています。

大地や植物を毒で侵し、昆虫をはじめ動物たちに影響を与え、人々さえもその毒性に侵されている・・・。

 

 

 

大地と共に生きるには・・・

 

人と自然・大地と共に・・・。
その健康な関係を取り戻すためには、都合の悪いコト・モノを死滅させるのではなく、それらの生を尊重して寄せ付けないなどの忌避的な思考へと切り替える必要があると考えます。

環境共生や生物多様性など、社会が世界がその重要性に気付きはじめていますが、理念が先行してばかりでは本質の「自然との親和性」をもたらすことはできません。

そのためにも、まずは、ハーブやミツバチと友だちになってほしいのです。

そして、メッセージを感じ取ってほしいのです。

 

自然・大地に与えることにより受け取れる恩恵こそ、ヒーリング(癒し)効果と、本当の富だということに気付くことでしょう。

 

 


最後に・・・。

 

力不足でなかなか目標へは届きませんが、目に見えない皆さまのメッセージは間違いなくガーデンの花々とミツバチたちに届いているようです。
支援、シェア、メッセージをいただき、本当に感謝しております。
これからもさらにガーデンを充実させて、人と自然・大地が癒される活動を進めていきます。
ありがとうございます。

 

「大地に花を」 「心に花を」    :尾形 剛

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

①ガーデンイベント無料参加券+ハーブの種子

支援者
1人
在庫数
制限なし

10,000

①に加え、
②ハチミツ(140g)×1個
③ハーブティ×1個

支援者
4人
在庫数
制限なし

30,000

①に加え、
(②+③)×2個
④植樹ネームプレート

支援者
0人
在庫数
制限なし

50,000

①と②と③と④に加え、
⑤有機野菜詰め合わせセット ×1個

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000

①と(②+③)×4個と④に加え、
⑤有機野菜詰め合わせセット  ×2個

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする