第一の目標60万円をクリアしましたので

次のゴールを100万円に設定しました。

毎月ずっしりかかってくる犬猫の医療費に使わせていただく他

事業が安定して余裕ができたら

元気なワンコ達に所々破壊されている犬部屋の修繕に

使わせていただきたいと思います。

最後までお付き合い、よろしくお願いいたします。

 

今日は、ほごっこ♡CAFEのほごっこの中で

一番の古株のチャコの紹介をします。

チャコは、ほごっこ♡CAFEがオープンしてすぐに

動物愛護センターから引き取った子です。

 

多頭飼い崩壊の現場から救い出された子でした。

同時に救い出された子は次々と保護団体さんに

引き取られたそうですが

チャコは妊娠していたために

出産して離乳するまで半年間動物愛護センターにいました。

動物愛護センターの職員さんは

「チャコ」と名前をつけて

半年間、心を込めてお世話をされていましたが

チャコの心の壁は分厚く

ずっと心を閉ざしたままでした。

 

ほごっこ♡CAFEに来てからも

全く心を開こうとしません。

人を知らずに怯える野犬の子は

人を知れば心を開いてくれますが

人を知った上で怯えるチャコは

人を完全に拒絶しているので

心を開く気がありません。

 

いつも体をこわばらせて

警戒心バリバリです。

怯えすぎて声をあげることもできません。

 

他のワンコと一緒にいると少し落ち着いた顔をしました。

 

チャコは警戒心は強いけど

攻撃性の全くない子なので

触ったり、撫でたりすることは出来ました。

 

ほごっこ♡CAFEには毎日いろんなお客様が来られます。

犬好きのお客様が入れ替わり立ち替わり

「大丈夫だよ。怖くないよ」って声をかけながら

チャコを撫でてくれました。

 

人の怖いチャコにとっては

かなりの荒療治だったと思います。

でもそのおかげでチャコは

少しずつ変化していきました。

 

何か月か経った頃、チャコはすごく吠えるようになりました。

縄張り意識が出てきたのでしょうか。

吠えて、唸り声をあげて、すごく威嚇します。

でも何度か顔を合わせたことのあるお客様には吠えません。

人の選別をするようになったようです。

 

また、チャコの吠え方には法則があって

人が近づくとどんどん吠え方が激しくなるのですが

ある一定の距離まで近づくと途端に吠えるのをやめて

その人を受け入れるのです。

緊張感は半端ないけど、撫でさせるし、手からおやつも食べます。

 

今のチャコは

頭ではもう人は怖くないって分かっていて受け入れようとしているけど

心がまだ追いついていないって感じだと思います。

 

ガウガウガルガルいうけど

ちっちゃなお客ちゃまが近づいて

チューってしても平気なんです。

 

チャコは

心を開きたくても、開き方が分からず

甘えたくても、甘え方も知らず

控え目な性格だから、相手が来てくれるのを待つしかできず

でもどんな人か分からないと怖いから威嚇してしまう

そんな子です。

 

チャコのことを理解してくださり

大切に育ててくれる里親さんと

いつか出会える日まで

ほごっこ♡CAFEで大切に育てていきます。

新着情報一覧へ