2acce83d5cf46c9139bac88836f61b1701151927


梅子は首輪にナスカンだけが付いた状態で収容されていました。
壊れて外れてそのまま歩いていたのか…。家族のお迎えはありませんでした。(きっと年配の方が飼っていて 探し方が分からなかったのかもしれません←周知が必要だと感じました。)
フィラリア にかかっていたので毎月 点滴治療をしてフィラリア がいなくなりましたが、痴呆にかかって夜鳴きをしたり、徘徊したり、腎臓も悪く治療をしていましたが、亡くなりました。

梅子のような老犬が収容されるたびに心が痛みます。寒いセンターで辛くないか⁈日の光を浴びたり、風を感じられないセンターで ただただ死を待っている。人知れず亡くなるのではなく 誰かのそばで最期を迎えた方が幸せなのではないか⁈と…。

老犬にはゆったりとした時間が流れています。他の子が喧嘩をしてても 我関せず ゆったりゆったり。
長くは一緒にはいられませんが、幸せが濃縮され 穏やかで優しい気持ちになれます。人間のいざこざなんて馬鹿らしくなります。老犬に教えられることがたくさんあります。
なので私は恩返しするために動物介護の勉強をはじめました。この知識と経験を活かし 老犬も救っていきたいです‼︎
新着情報一覧へ