8月27日土曜日子ども食堂

夏休み最後の子ども食堂を開催しました。

今回も、様々な食材の提供をいただきました。

初めての昼の開催で、食事前に夏休みの宿題をする学習会と、未就学児向けの読み聞かせ会をしました。

暑い中、多くのみなさんが歩いてきてくださいました。お子さん5人を連れてこられたお母さんからは「大変おいしくおなか一杯になりました。なかなか1食で何品も作ることがないので、子どもたちも苦手な食材も頑張って食べたようです。」と感想をいただきました。

この「森の玉里子ども食堂」が、地域の子どもたちにどのように求められていくか、今後も少しでも多くの、温かい食卓を必要としてくださる御家庭の気持ちに寄り添って内容を改善していくことが必要だと考えます。

支えてくれる提供者さん、ボランティアさんと共に、自分たちのできる範囲でしか活動できませんが、必要とされる限り長く続けることで、鹿児島県全体に多くの子ども食堂が広がって、多くの方と子どもたちの成長を見守っていけたらと思います。今回は、鹿児島市の他の地域で子ども食堂を立ち上げることが決まったという方が来られました。6月にこの活動を始めて以来、県内のたくさんの場所で、仲間が増えてきています。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています