ジ・オチムシャーズ 1号2号

 

「くさのねフェス」・・・

 

実行委員長を引き受けたSound Streem sakuraの白幡代表がいつか語ってました。

 

「プロもアマもこの日だけは関係ない、[佐倉]の街で[音楽]で繋がれる事に意味があるんだ!」

 

そこには白幡代表を初めとする実行委員全員の熱い思いが詰まっていると思いました。

 

文字通りくさのねの様に地から生えて来たフェス・・そんな気がします。

 

 

江戸時代よりタイムスリップした我々にとっては現代の田舎でこんな熱い奴らがいるのかっ!

 

・・・と過去に戻る事を拒否した程感銘を受けました。

 

佐倉出身のビッグバンドに憧れて初めてバンドを組んだ高校生バンド・・

 

そこからさらに走り続けているバンド・・

 

その親世代であったりさらにその上の世代・・・

 

きっかけや経緯はそれぞれ・・

 

性別も国籍も出身藩もそれぞれ・・

 

戦に勝ったとか負けたとかそんなの関係ない

 

様々な演者さん達が9/2「くさのねフェス」に集結する。

 

時代、世代を超えた共演・・・もう考えただけでワクワクします。

 

拙者達としても少しでも9/2が盛り上がる様に精一杯演じたいと思います。

 

そしてこれをいつか過去に持ち帰り「江戸のねフェス」をやるのが拙者達の今の目標です。