クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

性的マイノリティーNYスタディーツアーに若者を送り出したい!

小阪真紀

小阪真紀

性的マイノリティーNYスタディーツアーに若者を送り出したい!
支援総額
261,000

目標 250,000円

支援者
33人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

終了報告を読む


2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年07月08日 12:52

ツアー卒業生のその後の活躍

こんにちは!プロジェクト実行者の小阪真紀です。

 

皆様のご協力のおかげで、ご支援金額が目標の75パーセントまできました!プロジェクト成功まであともう一息!引き続き頑張っていきたいと思います。

 

さて、今日は昨年度のツアー参加者のその後の活躍をご紹介します。

 

去年の参加者は4人。セクシュアリティーも性格もバラバラの個性的な4人でしたが、ツアーを通して次第に『一緒に社会を変えていく仲間』という意識が芽生え、帰国後も連絡を取り合い、お互いの活動を報告しあい、とてもいい刺激になっているようです。

 

ある参加者は4月から一般企業に就職をし、その企業の中でLGBT社員グループを作るために模索を始めました。またある参加者は、この夏、他の国のLGBT施策を学びに短期留学をする計画を練っているところだそうです!

 

また、関西からの参加者で、前回のReadyFor?進捗状況の中でご紹介した白石さん、かんこんさんは、共通の友人2名とともにLGBTに関する新しい団体を始めました。その名も

Plantseeds(プランシーズ)→https://www.facebook.com/plantseeds

 

LGBTユースにとってより生きやすい社会を実現することを目指し、LGBTのロールモデルに会いに行く『関西LGBTスタディーツアー』というものを企画・運営する団体です。

 

「自分が昨年のNYスタディーツアーで感じた衝撃をNYまで行かずとも、もっと手軽に体験してほしくて関西スタディーツアーを企画しました。この活動を通して日本の性的マイノリティーの若者をEmpowerできれば」と白石くん。

(プランシーズの取り組みと白石さんが新聞に紹介されました。)

 

また、かんこんさんは、ツアー前に立ち上げたLGBTサークル『十人十彩(じゅうにんといろ)』の活動をツアー後さらに活性化させてきました。

 

大学内で十人十彩新聞を発行したり、職員の方を交えたLGBT勉強会を主催したり、精力的に活動を続けています。

(かんこんさん、白石さんのLGBTサークル活動などが新聞に掲載されました。)

 

 

このようにツアーでの経験を通してEmpowerされ、社会を変える活動をさらに精力的に行っていたり、さらに学び続けたりしている参加者の姿を見ていると、ツアーを企画した側として、「ツアーを実現できて本当に良かったな」と思います。

 

彼らのように、「誰もが自分らしく生きられる社会」実現の一端を担う存在を、ツアーを通してこれからもどんどん増やし、また自分自身もそうなっていきたいと思います。

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

・ツアー参加者からのお礼の手紙
・オリジナル・アライ意思表示カード

支援者
15人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

・ツアー参加者からのお礼の手紙
・オリジナル・アライ意思表示カード
・ツアー報告会無料招待券(東京or大阪)
・マグネット レインボーバージョン

支援者
17人
在庫数
7

30,000円(税込)

・ツアー参加者からのお礼の手紙
・オリジナル・アライ意思表示カード
・ツアー報告会無料招待券(東京or大阪)
・Gay Parents Magazineバックナンバー1冊(英語)
・Tシャツ(Mサイズ)レインボーバージョン

支援者
1人
在庫数
9

50,000円(税込)

・ツアー参加者からのお礼の手紙
・オリジナル・アライ意思表示カード
・ツアー報告会無料招待券(東京or大阪)
・Gay Parents Magazineバックナンバー1冊(英語)
・Tシャツ(Mサイズ)レインボーバージョン
・The Trevor Project 性的マイノリティー教育教材セット(簡易日本語訳付き)

支援者
0人
在庫数
5

プロジェクトの相談をする