私のファンディングを見て下さっている方、支援をしてくださっている皆様、ありがとうございます。
株式会社リーガル・テクノロジーズCEO、弁護士の勝部です。

 

先日ご報告させて頂いた空間デザイナーの須田ユカリさんとのコラボリターンを追加しました。

本文の文末に記載があるのでご覧いただけますと幸いです。

 

現在、ウェブ画面のモック作成とAIの学習ロジックのもととなるデータを決めているところなのです。

AIの学習は外注先のラボにお願いする予定なので(いずれは自分でできるようになりたいですが)、学習アルゴリズムの選択とかの辺の部分はブラックボックスです。

どういうデータがあれば学習が最適化できるのかという点はやってみなければ分からない側面がありますが、より重要なのは、どのようなサービスにAIを使うのか、という点かなと思います。

 

データがどれくらい必要なのか、という点もそうですが、もっと卑近なことを言えば、「どういう風に使ったらウケそうか」という方が今は重要なのかなと思います。

 

つまり、100パーの正確性が必要な使い方だと、いくら実用ニーズが高くてもコスト面で人間を追い越せるのかなという心配がある一方で、

 

例えば婚活マッチングとか、あなたが気に入りそうな部屋を探しますとかいうサービスであれば100パーの正確性は不要なので、結構カジュアルに導入できると思います。

 

AIがお勧めしたからって最終的に決めるのはその人なので、AIはたくさんある評価項目の中から隠れた法則性を見出すのをお手伝いしているだけです。

使われ方としてはなんちゃってAIですが、意外とこっちの方が色んなサービスに応用できて事業化しやすいかなと思っています。

 

こういう知見も将来自分の仕事に応用できそうな気がします。

 

引き続き、頑張っていきたいと思います。

新着情報一覧へ