こんにちは。学部2年の油井萌南美です。


今回は応急救護の教育について説明したいと思います!!

なぜ今年応急救護という教育を行うことになったかというと……
昨年子どもたちの傷に対する処置があまりに杜撰であったことと、子どもたちから応急救護について学びたいとリクエストがあったからです!

 

 

 

 

今回は身近で怪我や事故が起きた場合の対処法を中心に行いました。

上の写真は、近くに人が倒れていた場合の対処法を実践してもらいました!
子どもたちは興味津々で積極的に参加してくれました。

 

 

また、実際に腕に包帯を巻いてもらったりもしました。
みんな初めてなのに上手く巻いていました!!
こういう時に小さい子のフォローを大きい子がしっかりしていました。
さすがですね!

 


実演が多かったこの教育ですが、なんとか成功?して良かったです!!
子どもたちも興味を持ち最後まで聞いてくれていました。
今回行った教育が何かの時に少しでも役に立てばと思います!!
ありがとうございました。

 

 

 


 

新着情報一覧へ