READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
NEXT GOAL挑戦中

凍死する猫達を救いたい〜緊急対応設備を整えたシェルター設置の実現を

ニャン友ねっとわーく北海道

ニャン友ねっとわーく北海道

凍死する猫達を救いたい〜緊急対応設備を整えたシェルター設置の実現を
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は3月24日(水)午後11:00までです。

支援総額

5,094,000

NEXT GOAL 8,000,000円 (第一目標金額 3,500,000円)

145%
支援者
453人
残り
22日

応援コメント
まる
まる6時間前応援しております。 リターンは遠慮いたします。応援しております。 リターンは遠慮いたします。
まる
まる7時間前うちの子の仲間たちを宜しくお願いします。 応援しております。 リターンは遠慮いたします。うちの子の仲間たちを宜しくお願いします。 応援しております。 リターンは遠慮いたします。
ナガサカ
ナガサカ11時間前網走から猫さん達を保護して頂けて、ありがとうございます。 これからも応援し続けます! リターンは遠慮いたします。^^網走から猫さん達を保護して頂けて、ありがとうございます。 これからも応援し続けます! リターンは遠慮いたします。^^
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
85お気に入り登録
85人がお気に入りしています
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は3月24日(水)午後11:00までです。

85お気に入り登録
85人がお気に入りしています

プロジェクト本文

【目標達成のお礼とネクストゴールについて】

皆様の温かい応援とご支援で、シェルターの工事費 590万円(税込)のうち350万円のゴールに到達しました。

この場を借りてお礼申し上げます。

胸が熱くなりました。

皆様の力をかりて設備することが本当に正しいことなのか、甘えても良いのかと毎日考えておりました。

温かいご支援に感謝します。

ありがとうございました。

皆様のおかげでクラウドファンディング開始5日目で目標を達成でき温かい保護施設の実現、 カビや結露のない健全なシェルターの実現、緊急保護シェルターの場所の確保が出来ました。

何より、温かい言葉、応援、励ましに心が熱くなりました。

 

これからネクストゴールに向けて再出発いたします。
老猫ホームへのICU酸素室や点滴ポンプなどの医療機器の導入、整備した隔離室への暖房器具の設置です。

ニャン友は殺処分0を目指すだけではなく、動物福祉100%を目指します。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネクストゴールの設定額:800万円

ネクストゴールの使用用途:老猫ホームへのICU酸素室や点滴ポンプなどの医療機器の導入、整備した隔離室への暖房器具の設置用ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1年間の保護頭数748匹譲渡数611匹 

はじめまして、NPO法人ニャン友ねっとわーく北海道(略称:ニャン友)

代表理事の勝田珠美です。

私たちは北海道を中心に、自治体から行政処分される犬猫の引き取りや、新しい飼い主へ譲渡する保護活動や動物の愛護と福祉の啓発活動を行っています。 

また地域活動として不妊去勢(TNR活動)を行い、野良猫の繁殖を抑えつつ、譲渡に繋げていっております。2016年にNPO法人として認可され現在まで3000以上の猫を保護し譲渡につなげる活動を続けています。

2020年1月~12月までの保護頭数は748頭譲渡数は611頭です

その他詳しい活動は会についてをご覧ください。

 

北海道の冬のレスキューは時間との戦い!! 

北海道の冬はマイナス20度になるときも少なくありません。

暖房の無い家の中でもマイナス10度に・・・・・ 猫のレスキューも時間との戦いです。

 

●レスキュー依頼の電話

今日で閉鎖になる峠で猫が捨てられています。

このままでは凍死します助けてください。

近くまで来るものの捕まえることが出来ません。頂上の無人の小屋のそばです。

室蘭支部のメンバーが、急いで向かいました。生きていて!!お願い!

物凄い吹雪で前が見えない中向かった。 「あの小屋だ!」

北海道では冬季期間閉鎖される峠が沢山あります。

この場所でこの子が生き残ることはできません。 

 

●寒さに耐える港の猫

外で暮らす子たちは、物陰や人が作った発泡スチロール、大きなコンテナの下などを隠れ家として寄り添い冬を過ごすしかありません。 

心無い行為でお家を撤去された子、大雪で入口が埋もれて中に入れない子はじっと外で耐えるしかないのです。 

 

雪の中傘をさしている女性 低い精度で自動的に生成された説明

 

 

 

足跡があります。猫の出入り口が数日の雪で埋もれています。

先日も別の場所の雪の中から人の気配にきづき鳴きさけぶ猫の声がきこえました。。。

気が付き雪を掘り起こさなければ凍死していました。 

 

昨年から51匹の猫をTNRしながら保護し譲渡してきた現場、北海道 積丹町の漁港があります。

凍死していた母猫

定期的に数人のメンバーが札幌から2時間かけて現地に向かい見守ってきましたが 。。。

母猫が子猫たちの待つ発泡スチロールのお家の少し手前のところで凍死していました。

もう少しで子猫たちの所にかえることができたのに・・・・・

間に合わなくてごめんね。  

全ての子を助けられないことはわかっていても なんとか助けたいと、

猛吹雪の中、猫の姿を探して1月2日から現地に向かいました。 

51匹いた子はあと23匹です。

凍死する前に助けたい、現在も現地に通ってレスキューを続けています。  

 

●後を絶たない多頭飼育崩壊

◆238匹の猫が押し込められていました。(2020年3月) 

「↑ニャン友ねっとわーく撮影の動画です」

 

◆90匹の猫が餌を与えると群がってきました

<↑画面をクリックすると動画が見れます>

 

2020年の相談内容

■1月 江別多頭飼育崩壊55匹   

   (飼い主死亡のため猫がご飯も

    もらえず次々と餓死) 

■2月 札幌西区多頭飼育崩壊90匹     

■4月 札幌市北区238匹多頭飼育崩壊 

■6月 北見遠軽佐呂間多頭飼育崩壊(オホーツク)65

■9月   メインクーン多頭飼育崩壊14

■12月 積丹漁港51匹の捨てられた猫たち     

    釧路市多頭飼育崩壊23匹(孤独死の現場から)

 

コロナ禍でイベントや大きな会場での里親会はすべて中止

 

1番の課題は里親会を開く場所の確保と医療費です。

昨年は1,000万円を超える医療費がかかっており、

今後も高齢化していく猫や、ケガを負っている子のためには治療がさらに必要になってきます。  

<↑胆振東部地震の時に両足を失ったすばる君>  

すばるは3か月もの間入院していました。

病院で十分な治療を受けましたが、毎日通い、一人ぼっちのスバルに少しずつご飯を食べさせたり、声をかけたりしたいました。

こちらからご覧になれます。

 

コロナ禍中、大きな里親会会場は密になるのを避けるために会場として使わせてもらえません。 

ニャン友ではシェルター(CATラウンジ)での予約制のお見合い会を続けて来ています。 

緊急対応型のシェルターを備える 

2018年胆振東部地震の現場から、沢山のSOSが届き、

被災3日目から現地に入りレスキューを続けていました。

当会が受け入れた被災地の猫たちは70匹を超えました。

多頭飼育崩壊の緊急手術の場として、被災動物たちの譲渡の場として、

個人保護主さんから譲渡機会の提供を推進します。

コロナで会場が借りられず、保護猫、保護犬を抱えている個人保護ボランティアさんも沢山います。

 

レスキューできても、被災しお家を失って別れなければならない悲しい現実。。。

「この子達をお願いします。もう家には住めません」

「おかあさんを許してね」

どの子も置いてくることはできませんでした。 

 

ニャン友には北海道全域からレスキューの依頼が入ります。

その内容は様々ですが殆ど緊急性が高いものばかりです。

多頭飼育崩壊

被災地からの保護

飼い主さんが亡くなっている現場

真冬の外に捨てられた

などの案件は、猫の命を救う為に時間との戦いです。

コロナがいつ収束するか先が見えなくても、私たちは立ち止まることはできません。

これまでどおり里親様に繋ぐための活動と緊急のレスキューに対応した環境が必要です

数々のレスキューの現場において、

必要なのは緊急対応型のシェルターです。 

北海道で多くの猫を収容できる保健所は

札幌市と旭川市にしかありません。

一時待機できれば助かった命もあったはずです。

冬の緊急レスキュー、多頭飼育崩壊、被災地からのレスキュー

緊急待機シェルターが必要です!

2020年12月着工、2021年3月完全完成を目指して、

譲渡施設を兼ね備えた新しいシェルターの着工に踏み切りました!

新しいシェルターは、

緊急対応設備を整えた譲渡型シェルター 

です。

■気密性が高く温かい 

■譲渡型シェルターの常設 

■多頭数飼育崩壊、被災猫たちの緊急受け入れや避妊去勢手術が出来る緊急シェルターの設置 

■感染症対応型、完全隔離室の設置 

■入院型老猫施設の完備 

■いつも猫を診ることのできるステーションを設置 

このような施設を目指します。   

 

隔離に入院させている子の中には、小さな子も少なくありません。

目の届くところに感染症隔離室があれば、お水を飲ませたり、

流動食を少しづつでも口に運んであげることもできます。

 

〜工事金額内訳〜

解体工事          ¥350,000

内装壁工事(窓二重サッシ) ¥2,680,000 

床(抗菌素材)工事             ¥370,000

隔離室防水工事               ¥400,000

照明電気工事

照明設備(ビル側)無      ¥840,000

入院型老猫ホーム壁工事     ¥350,000 

他備品、工事          ¥350,000

緊急レスキュー室工事    ¥280,000

合計  ¥5,620,000 

上記のうち、300万円(手数料除く)を皆様のご支援でまかなえたらと考えております。  

 

保護してきた猫が、新しい家族の手に渡すその日まで、

安心して過ごすことのできる施設 の管理を当会は現在行っております。  

 

毎朝の清掃消毒は、ボランティアさんとスタッフで昼まで時間をかけ徹底して行っております。

保護しても劣悪な状況での管理はしておりません!

多くの猫を平等に助けるために、老猫、事故で瀕死の状態にいる猫も保護しています。

年間かかる医療費は1000万円以上にのぼり、

シェルター建築に充てる費用をすべて捻出できない状況です。  

■寒さを防ぐための窓の2重サッシ(断熱対応)壁の断熱

■感染症対策型の防水設備、暖房設備が整った 完全隔離室の設置 多頭飼育崩壊

■緊急レスキューの沢山の猫のケアや手術が出来る場所の確保

また家族を失った老猫たちが過ごせるための工事です。  

猫たちのためにどうか協力をお願いします。

皆様から寄せられた、ご支援金は新しいシェルターのために当会が責任をもって大切に使わせていただきます。  

 

どうか、お力を貸していただけますようお願いいたします。        

 

リターンといたしまして、

三千円、五千円、一万円、三万円、五万円、十万円、三十万円 をご用意しました。 

すべての金額で

・お礼状(メール)

・シェルター完成写真(PDF)

をお付けします。 

また、ご支援額に応じて、

・保護猫ちゃんのおもしろポストカード

・ニャン友しあわせ報告カレンダー(里親様から届いた写真で構成されたカレンダーです 活動報告としてお受け取りいただきたいです)

・ニャン友HPにお名前・企業名掲載(任意)

・新シェルターにお名前・企業名掲載(任意)

以上をご用意いたしております。

お名前掲載はご支援額順の支援順とさせていただきます。  

お届けをお楽しみに!  

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2021/4/1にシェルター完成をもって、 プロジェクトを終了とする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


【プロジェクト終了要項】

●オープン完了予定日    
2021年4月1日

●建築・改修場所    
北海道札幌市中央区南7条西8丁目1-24

●建築・改修後の用途    
譲渡型シェルターの常設
冬の凍死から猫を守るための、多頭頭数飼育崩壊、被災猫たちの緊急受け入れが出来る緊急シェルターの設置
感染症対応型、完全隔離室の設置
入院型老猫施設の完備

 

プロフィール

ニャン友ねっとわーく北海道

ニャン友ねっとわーく北海道

NPO法人ニャン友ねっとわーく・北海道は札幌市・小樽(本部)留萌支部、小樽支部、室蘭支部、旭川支部、上川支部、日高支部に拠点に、 猫の殺処分ゼロを目指し、 行政(保健所・動物愛護センター)などから猫を引取り、飼育希望の方に譲渡する活動並びに地域猫活動、 多頭飼育崩壊の場から猫の保護をおこなっている個人ボランティアの集まりです。

リターン

3,000

細雪(ささめゆき)コース

細雪(ささめゆき)コース

■お礼状(メール)
■シェルター完成写真をお送りします。(PDF)

支援者
172人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年4月
このリターンを購入する

5,000

粉雪(こなゆき)コース

粉雪(こなゆき)コース

■保護猫おもしろポストカード(3枚)
■お礼状(メール)
■シェルター完成写真をお送りします。(PDF)

支援者
116人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月
このリターンを購入する

10,000

粒雪(つぶゆき)コース

粒雪(つぶゆき)コース

■ニャン友しあわせ報告カレンダーをお送りします
里親様からいただいた幸せ報告の写真で毎年カレンダーを作っています。
■お礼状(メール)
■シェルター完成写真をお送りします。(PDF)

支援者
115人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月
このリターンを購入する

30,000

牡丹雪(ぼたんゆき)コース

牡丹雪(ぼたんゆき)コース

■あたらしくオープンするCATラウンジのサンクスボードを掲げて支援者様のお名前/企業名を掲載(任意)
■ニャン友しあわせ報告カレンダーをお送りします
里親様からいただいた幸せ報告の写真で毎年カレンダーを作っています。
■お礼状(メール)
■シェルター完成写真をお送りします。(PDF)

支援者
30人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月
このリターンを購入する

50,000

綿雪(わたゆき)コース

綿雪(わたゆき)コース

■ニャン友HPにプロジェクトのご報告を掲載し支援者様としてお名前/企業名を掲載(任意)
■ニャン友しあわせ報告カレンダーをお送りします
里親様からいただいた幸せ報告の写真で毎年カレンダーを作っています。
■お礼状(メール)
■あたらしくオープンするCATラウンジのサンクスボードを掲げて支援者様のお名前/企業名を掲載(任意)
■シェルター完成写真をお送りします。(PDF)

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月
このリターンを購入する

100,000

霰雪(あられゆき)コース

霰雪(あられゆき)コース

■感謝状
■ニャン友HPにプロジェクトのご報告を掲載し支援者さまとしてお名前/企業名を掲載(任意)
■ニャン友しあわせ報告カレンダーをお送りします
里親様からいただいた幸せ報告の写真で毎年カレンダーを作っています。
■お礼状(メール)
■あたらしくオープンするCATラウンジのサンクスボードを掲げて
支援者様のお名前/企業名を掲載(任意)
■シェルター完成写真をお送りします。(PDF)

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月
このリターンを購入する

300,000

吹雪(ふぶき)コース

吹雪(ふぶき)コース

■感謝状
■ニャン友HPにプロジェクトのご報告を掲載し支援者さまとしてお名前/企業名を掲載(任意)
■ニャン友しあわせ報告カレンダーをお送りします
里親様からいただいた幸せ報告の写真で毎年カレンダーを作っています。
■お礼状(メール)
■あたらしくオープンするCATラウンジのサンクスボードを掲げて支援者様のお名前/企業名を掲載(任意)
■シェルター完成写真をお送りします。(PDF)


支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月
このリターンを購入する

プロフィール

NPO法人ニャン友ねっとわーく・北海道は札幌市・小樽(本部)留萌支部、小樽支部、室蘭支部、旭川支部、上川支部、日高支部に拠点に、 猫の殺処分ゼロを目指し、 行政(保健所・動物愛護センター)などから猫を引取り、飼育希望の方に譲渡する活動並びに地域猫活動、 多頭飼育崩壊の場から猫の保護をおこなっている個人ボランティアの集まりです。

あなたにおすすめのプロジェクト

【令和2年7月豪雨】緊急災害 段ボールベッド支援

keikakeika

#医療・福祉

9%
現在
91,000円
支援者
10人
残り
29日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする