続きまして、課外活動3回目のご報告。

日時:2013年8月21日(水)13時〜16時ごろまで

場所:奈良県川上村村役場

内容:奈良県南部地域産業復興推進大会(なんゆう祭)で行われる、村おこし弁当コンテストの勉強会講師として小学生たちとプレゼンとワークショップを行いました。

村おこし弁当コンテスト参加者は、奈良県東南部の12市町村の飲食店さんが参戦する、いわばプロのコンテスト。そこに、ご当地弁当の先輩として小学生がレクチャーにいきました。

参加してくれたのは4人、そして応援せんせい1人。
奈良市から車で走ること約2時間。

自然の美しいところです。

(下の写真は奈良県川上村ホームページより)

 

大人ばかりの真剣な場で発表しました。

堂々たる発表っぷりに、皆さん感動していました。

後半の勉強会講師の鳥山先生からの質問

「プロジェクトで楽しいこと、大変なことは何ですか?」

という質問に

「みんなの意見を1つにするのが大変です」

「考えるのは大変だけど、面白い」

「いろいろ思い浮かぶけど、いっぱい出て来てよく分からなくなる」

などなど、しっかり応えていました。

 

プレゼンのあとは、ワークショップ。

先輩として、大人たちにアドバイスします。
できていたかは不明ですが、一緒になってご当地弁当のマーケティングをがんばりました。

「吉野町って行ったことある?」

「煮物には酢を入れるといいのよ」

なかなか出会う機会のない奈良県南部で活躍されている

飲食店の方々。

メンバーたち、何かしら感じて学んでくれていたらと思います。

終わったあとは、糸の切れたタコ状態。

室内を駆け回ったり、爆発しておりました^^/

 

 

新着情報一覧へ