タイ人も一般には、時間に対して非常にルーズな感覚があります。日本人の時間に対する価値観は時として過度にストイックな部分があるのも否めませんが、私も日本人である以上、どうしても日本的感覚から、モノゴトを感じざるにはいられません。

 

それでも私はタイに住んでいる以上、タイ人寄りの感覚になっているかも知れませんが、そんな中、以前の体験談を紹介します。

 

時間は二度と返って来ない

 

その日、私達はあるタイ人と13時に待ち合わせをしました。当日の朝9時に先方より電話がかかってきて、すでに待合せ場所にいると言います。いや、待合せ時間は13時であることを伝えて、待ち合わせはあくまで13時であることを再確認しました。

 

そして約束の13時過ぎ(渋滞で遅れて13時10分くらい)に待合せ場所に到着してみると、いない。まあ、オンタイムで来るとははじめからこちらも思ってないので、14時くらいまで彼には連絡もせずに待ちました。それまで彼からは何も連絡がないので、こちらから連絡すると、

 

「はい、着きましたか。わかりました、では今からいきます」

 

との回答。この言い方だと、すぐ近くまで彼も来ていて、いや、もっと言えば彼こそ13時以前に着いていて、13時になっても私達が来ないのを見て、どこか近くで時間を潰していて、彼こそ私達の連絡を待っていたのでは?、と思いました。何故なら彼は少なくとも、9時の時点で約束の場所にいたのですから。それは、彼の勘違いだったとしても。ともかく、そんな感じで私も少なからず申し訳ない気持ちになって、すぐ来るもんだと思いそのまま待っていました。

 

で、14時半になっても来ないので、これは、近くどころじゃないかと思い、電話してみると

 

「15時になる」

 

との回答。やっぱり、近くじゃないじゃん、と話になり、また待ちます。で、15時になっても来ないことは解っていたので、15時1分に私自ら電話。今まで嫁にやさしくやり取りしてもらってましたが、自らの電話でその真意を正しました。

 

「すぐ近くまで来ている」

 

というもんだから、その「すぐ近く」というのはどこなのか、あと何分かかるかを聞くと、

 

「今すぐ近くで信号待ちです」

 

というもんだから、それはいいから、あと何分で着くのか、あと何分私達は待てばいいのか、数字で教えてくれ、というと、

 

「あと5分です」

 

という。それをさらに、「本当かどうか」を尋ねると

 

「絶対だ」

 

と言う。タイに10年もいると、「絶対」という言葉を軽々しく口にする人ほど信用できないものはないんですが、相手が「絶対だ」ということを言っている以上、さらに正してもどうなるわけでもありません。

 

15時1分に電話して「あと5分だ」と言っていたので、いや、厳密に言うと通話で一分くらい費やしたので15時7分には「絶対に」来るという彼の主張だったのに、果たして15時7分には、現れません。←この言い方は、日本人的な異常なストイックさでありますね。

 

そしてタイ人に引き続き日本式のストイックさで臨んでもこちらが疲れるだけなので、さっきの「あと5分だ」の倍の10分後である15時12分まで待ちました、それでも現れないので、また電話してみました。

 

すると、今度は電話に出ない。。デタ、出ましたよ。ここまで来るとバックレの可能性もなきにしもあらず、または、もう車を駐車しているところで、正に「間もなく」到着するので電話に出ないだけなのか。

 

すると、果たして、申し訳なさそうに現れました。時間にして15時15分くらいだったか。この日の待ち時間は、2時間強。今回のケースでは、彼は私達の時間2時間を奪ったことになります。もっと言えば、待ったのは嫁と2人なので、合計4時間の時間を奪ったことになります。

 

実際の話、彼がはじめから「15時15分にしてくれ」とでも言ってくれれば、私達はtrue(日本で言うドコモショップの様なところ)に行く用事を済ませることができたのですが、後の予定もあったので、それも出来なくなってしまいました。正に、タイにおける時泥棒の典型であります。

 

相手のことを想って、或いは、相手を待たせたくない、という気持ちだけが先行して、時間を短めに思わず言ってしまう心境は、すごく解ります。今回はその典型的なケースでしたが、知らない間に、時泥棒はこうしたところでも、大小問わず行われているのだなぁ、と改めて考えさせられました。

 

やはり時泥棒とは、おもてなしを考える際に、非常に重要なテーマとなってくるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ