お早うございます。松竹大谷図書館の武藤です。

 

12月も半分を過ぎ、年末年始の準備を始める時期となりました。当館でも毎年お正月にはしめ飾りをドア上に付けますので、そろそろ買っておかなくてはと思う今日この頃です。

 

さて、リターンにつきまして、ご希望のご連絡がまだの方も、これからでも間に合います!今後も引き続き承りますので、ご希望がある方はぜひご連絡ください。また、特にご希望がない場合は、HPにはREADYFORのユーザーネームを掲載させていただき、台本カバーは「記載を希望しない」とさせていただきますので、宜しくお願い致します。
※台本カバーへのお名前の記載は、支援日順ですが、ご連絡を頂いた時期によっては、記載順が前後する場合があります。何卒ご了承下さいませ。

 

【お伺いの内容】
■当館HPへのお名前の掲載の可否(&掲載するお名前)【全ての皆様】
■お名前を記載する台本カバーの作品のご希望(&記載するお名前)【1万円以上の支援者様】


1万円以上ご支援頂いた方で、台本カバーのご希望がまだ決まっていない方は、以下のリストをご参照下さい。

歌舞伎・新派台本リスト】【映画台本リスト】【寅さん台本リスト

ご希望やご不明な点はお電話でも承ります。ご意見もお待ちしております。
○松竹大谷図書館へのお電話はこちら
℡ 03-5550-1694(平日:10時より17時)


さて、先日リターンとして皆様にお送りする文庫本カバーの最終打ち合わせを致しました。

表紙の色や、経年で黄ばんだ風合いなどが本物の台本により近づいて、そっくりです!

只今印刷中で、来週には納品となります。年内には発送致しますので、お手元に届くまでもう少々お待ち下さい。

 

 

また、現在図書館では傷みが激しい台本カバーの作り替え作業が続いております。
12月6日の新着情報では、台本カバーを台本に合わせてカットし、折り目を入れ、綴じ紐を通して和紙で糊付けするところまでをご紹介しました。
https://readyfor.jp/projects/ootanitoshokan5/announcements/46988

 

今回は、いよいよカバーにタイトルを書いて、図書ラベルを貼ります。

 

台本のタイトルをカバーに墨で筆書きしているところです。時間が経っても文字がはっきりと残ること、そして資料へ与える影響が少ない事から、開館以来この作業には墨を使っています。

 

タイトルを書き終えると、背に図書ラベルを貼ります。

 


経年劣化で茶色くなり、破損も進んでいた台本カバーが綺麗になって、タイトルの文字も読みやすくなりました!新しい板目紙が台本をしっかり挟んで、台本もより良い状態で保存されます。


クラウドファンディングのプロジェクトをきっかけに、書庫に並ぶ台本のカバーが、少しずつ白く新しくなっています。まだまだ茶色いカバーが大半を占めておりますが、白いカバーが少しでも多くなるよう、これからも頑張ってまいります!

新着情報一覧へ