クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

【第6弾】歌舞伎や映画、銀幕が伝えた記憶を宝箱で守る。

武藤祥子

武藤祥子

【第6弾】歌舞伎や映画、銀幕が伝えた記憶を宝箱で守る。
支援総額
2,605,000

目標 2,500,000円

支援者
220人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
19お気に入り登録19人がお気に入りしています

19お気に入り登録19人がお気に入りしています
2017年10月17日 13:38

映画台本作品リストのご紹介その4(キネマ旬報ベスト10)

お早うございます。松竹大谷図書館の武藤です。

皆様、先週末から連日たくさんのご支援と応援コメントをありがとうございます!ご支援の総額が200万円を超えまして、現在165名の方から、2,138,000円のご支援をいただいております!残り8日、目標金額まであと36万2千円!皆様の温かいご支援と応援をお待ちしています!

 

さて、今回は、「映画台本作品リスト」の中の、「40、30、20、10年前のキネマ旬報ベストテン」の作品をご紹介いたします。ベストテン1~5位より、当館が所蔵している台本を選んでおります。

(※番号は台本作品リストの番号です)

 

97 『幸福の黄色いハンカチ』(1977)1977年度日本映画第1位、山田洋次監督

98 『八甲田山』(1977)1977年度日本映画第4位、森谷司郎監督

99 『青春の門 自立篇』(1977)1977年度日本映画第5位、浦山桐郎監督

100 『マルサの女』(1987)1987年度日本映画第1位、伊丹十三監督

101 『永遠の1/2』(1987)1987年度日本映画第4位、根岸吉太郎監督

102 『映画女優』(1987)1987年度日本映画第5位、市川崑監督

103 『うなぎ』(1997)1997年度日本映画第1位、今村昌平監督

104 『ラヂオの時間』(1997)1997年度日本映画第3位、三谷幸喜監督

105 『東京夜曲』(1997)1997年度日本映画第4位、市川準監督

106 『それでもボクはやってない』(2007)2007年度日本映画第1位、周防正行監督

107 『天然コケッコー』(2007)2007年度日本映画第2位、山下敦弘監督

108 『しゃべれども しゃべれども』(2007)2007年度日本映画第3位、平山秀幸監督

 

上の台本は、1977年、1987年のキネマ旬報ベストテン入賞作です。

 

40年前、1977年度のベストテンより

■1位『幸福の黄色いハンカチ』山田洋次監督

名匠、山田洋次監督がメガホンを取り、高倉健が主演した感動の名作。第1回日本アカデミー賞の各賞だけでなく、1977年度の映画賞を総なめにしました。たくさんの黄色いハンカチがはためくなかでの有名なラストシーンは涙を誘います。

 

■4位『八甲田山』森谷司郎監督

『幸福の黄色いハンカチ』と同じく高倉健主演作で、新田次郎の原作『八甲田山死の彷徨』を原作に、日露戦争開戦目前の明治34年末、寒地訓練のために入った冬の八甲田山で自然の脅威にさらされる部隊の悲劇を描いた作品。大作『日本沈没』も手掛けた森谷司郎監督の作品で、実際に八甲田山で撮影が行われました。

 

■5位『青春の門 自立篇』浦山桐郎監督

生涯で監督した映画作品は9本と寡作ながら、『青春の門 自立篇』を含む5作品がキネマ旬報ベストテンに入賞している名監督、浦山桐郎の作品で、『青春の門』(1975年)の続編。「女優育ての名手」とも言われ、この作品でも大竹しのぶが熱演しています。

 

30年前、1987年度のベストテンより

■1位『マルサの女』伊丹十三監督

日本社会を題材に、エンタテインメントに富んだ作品を発表し続けた伊丹十三監督の代表作です。国税局査察部(マルサ)に抜擢された女性が、ラブホテル経営者を脱税で摘発するまでを描いた傑作で、伊丹監督の妻の宮本信子が主演しています。

 

■4位『永遠の1/2』根岸吉太郎監督

婚約者と別れ、勤務していた市役所も辞めた男が、自分とよく似た男のせいで様々なトラブルに巻き込まれていく様を、競輪場で出会った出戻りの女性との恋愛を絡めて描いた作品です。根岸吉太郎監督は前年にも『ウホッホ探険隊』でキネマ旬報ベストテン3位になっています。

 

■5位『映画女優』市川崑監督

戦前より活躍した、日本映画を代表する大女優、田中絹代の半生を描いた作品。吉永小百合が田中絹代を演じています。新藤兼人が著した『小説・田中絹代』を原作に、新藤兼人、日高真也、市川崑が共同で脚本を執筆し、市川崑がメガホンを取り、映画化されました。なお、この映画が公開された1987年は田中絹代の没後10年にあたります。

 

上の台本は、1997年、2007年のキネマ旬報ベストテン入賞作です。

 

20年前、1997年度のベストテンより

■1位『うなぎ』今村昌平監督

1997年の第50回カンヌ国際映画祭で見事パルム・ドールを受賞した今村昌平監督作品。今村監督は1983年にも『楢山節考』でパルム・ドールを受賞しており、2度目の受賞となりました。浮気した妻を刺殺した罪で服役し、出所して静かに理髪店を営む男と、自殺未遂した女との交流を描いたドラマです。

 

■3位『ラヂオの時間』三谷幸喜監督

生放送中のラジオドラマのスタジオという密室で繰り広げられる騒動を描いたコメディドラマ。劇作家・脚本家として活躍している三谷幸喜が初めて監督した作品で、監督自身が率いていた劇団「東京サンシャインボーイズ」の同名舞台の映画化です。

 

■4位『東京夜曲』市川準監督

CM演出家として活躍し、21本の映画作品を遺して59歳で逝去した市川準監督の作品。東京の下町にある上宿商店街に、数年振りに帰ってきた男とその妻、男の元恋人、男の妻に想いを寄せる青年との間で繰り広げられる大人の恋愛模様が描かれています。

 

10年前、2007年度のベストテンより

■1位『それでもボクはやってない』周防正行監督

痴漢冤罪事件を題材に、現在の刑事裁判に疑問を投げかけた社会派ドラマです。痴漢容疑で逮捕された青年が無罪を立証するため裁判で戦っていく過程が、監督自らが長期にわたり取材した実際のエピソードを元に描かれています。前作『Shall we ダンス?』以来11年振りに発表された、周防正行監督作品です。

 

■2位『天然コケッコー』山下敦弘監督

第20回講談社漫画賞を受賞したくらもちふさこの同名漫画の映画化。6人しか在籍しない田舎の分校に通う少女と、東京から転校して来た少年との恋と成長を描いた青春映画です。現在41歳の山下敦弘監督は、キネマ旬報ベストテンに、既に5回入賞している若手を代表する監督です。

 

■3位『しゃべれども しゃべれども』平山秀幸監督

佐藤多佳子の同名小説の映画化で、東京の下町を舞台に、話し方教室を始めることになった若手落語家と、個性豊かな3人の生徒が織りなす人情劇です。平山秀幸監督は同年、落語の要素を多く取り入れた『やじきた道中 てれすこ』も撮っています。

 

 

現在作品のご希望を伺っていない方も、プロジェクトが成立いたしましたら、順番にお伺いの連絡をいたしますので、それまでゆっくりお選びくださいませ。

作品リストは、プロジェクト概要「リターンについて」の台本カバーの説明から、または↓こちらからもご覧いただけます。

 

【歌舞伎・新派台本】作品リスト

【映画台本】 作品リスト

【寅さん台本】 作品リスト

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

活動報告+サンクスメール+HPにお名前掲載

■サンクスメール
■4月末に報告メール
■HPに名前を掲載
※ご了承いただいた方のみ掲載いたします

支援者
39人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

5,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

松竹大谷図書館オリジナル文庫本カバー(2種類1組セット)

3,000円のリターンに加え、
■松竹大谷図書館オリジナル文庫本カバー(2種類1組セット)
…蔵出し台本『助六由縁江戸桜』平成28年3月歌舞伎座公演&『東京物語』小津安二郎監督作品の表紙の特製デザイン!

支援者
65人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

10,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

オリジナル文庫本カバー+台本カバーに名入れ

5,000円のリターンに加え、
■台本カバーに支援者のお名前をお入れします
※作品リストより、ご希望の作品の「台本番号」と「タイトル」を応援コメントにお書き下さい
※作品リストはプロジェクト本文「リターンについて」の台本カバーの説明部分にリンクがあります)
※今すぐ決まらない方は、プロジェクト達成後にもご希望をお伺いいたします

支援者
89人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

30,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

オリジナル文庫本カバー(4種)+台本カバーに名入れ

10,000円のリターンに加え、
■組上燈籠絵「め組のけんか」の文庫本カバー
■浄瑠璃正本「新うすゆき物語」の文庫本カバー

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年4月

50,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

図書館見学会+オリジナル文庫本カバー(4種)+台本カバーに名入れ

30,000円のリターンに加え、
■図書館見学会にご招待
【2017年11月30日(木)開催 午前(15人)/午後(15人)】
「午前」「午後」のご希望を応援コメントにお書き下さい
※今すぐ決まらない方は、プロジェクト達成後にもご希望をお伺いいたします
※11月30日に見学会に参加出来ない方には予約制で、松竹大谷図書館の書庫を1時間ご案内するガイドツアーへの招待券をお送りします。有効期限:平成29年12月~平成30年7月の平日(開館日及び整理休館中)

支援者
13人
在庫数
16
発送予定
2018年4月

プロジェクトの相談をする