多くのご支援やお問い合わせを頂きましてありがとうございます。

 

このプロジェクトは、望みさえすればロールモデルとなる臨床家と出会える機会を創ることにより、受益者となる学生のキャリア形成に寄与することを目的としています。

 

卒前教育の段階から、専門職としてのキャリアに意識を持つことにより、自律的に卒後教育に取り組むセラピストが増えたとすれば、質の高いリハビリテーションを提供できるのではないか、ということがNPO法人メディカルリハビリテーションが目指しているものであります。

 

実はそれだけではなく、『学生にとって私たち臨床家が提供できることがまだまだあるんじゃないか』、というきっかけになってもらいたいとの思いがあります。ですから直接的なご支援をいただけるだけでなく、このプロジェクトそのものを多くの方にシェアしていただけたらと思います。

 

引き続きのご支援、ご協力よろしくお願い致します。

新着情報一覧へ