昨年のクリニックに参加してくださった、横浜ビーコルセアーズ アカデミーの白澤さんとお話しさせていただきました。
 
クリニックを受講して、レアルのメソッドと日本のバスケットボールの育成システムの違いを強く感じたと話して下さいました。幼少の頃から一環したレアルのメソッドでU17まで成長していくシステムがわかり、昨年のクリニックは、自分の考えとの答え合わせなったと話してくださいました。
 
レアル・マドリードの練習時間は1時間半です。その中で複合的な練習を日常的に行い、選手は技術も体力も同時に習得していきます
 
今年も、メソッドに加え、練習メニューの紹介もありますので、日ごろの練習の参考にしていただければと思います!
新着情報一覧へ