児童養護施設におけるグループホームについて

入所児童の抱える発達課題の複雑化や深刻化が叫ばれる中、子ども達の個別性に対応出来る環境が必要であると考えられ、生活集団の小規模化、施設の地域化があげられています。

 

具体的には、本体施設から独立した家庭的で地域に根差した養育をする事を目指した施設です。

 

当ホームに於いても、近隣のみなさまの理解、交流のもと、一般家庭に近い環境の中で特定の大人(職員)が子ども達の日常生活を支えることで、人との信頼関係、情緒の安定、社会性獲得などを通じて子ども達の「自立」と「自律」を目指して毎日、騒々しく生活をしています。

児玉

 

このプロジェクトに寄附する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています