譲渡対象にはならない、病気や老犬特有の症状(認知・夜鳴き・立ち上がり困難・寝たきり・衰弱)など、殺処分対象にならざるを得ない老犬の最期をコンクリートガス室ではなく、人の温かさを知って最期まで犬生を全うして欲しいと考え、保健所から老犬を引き取りました!

まだまだ限られた頭数ではありますが、看取りボランティアは長く続けていきたいと思っています。

 

画像は看取りボランティア第一号の西田さん。

いつもキラキラの笑顔、穏やかで優しい仔です。

【注】苗字が西田ではありません。苗字も下の名前も含めて「西田さん」です(笑)

新着情報一覧へ