プロジェクト概要

福島県で「安全・安心」な食材を、ランチを提供したいです!

そして、もっと多くの子どもたちに、有機無農薬食材を食べてほしいです。 

 

はじめまして、こんにちは!齋藤美子と申します。わたしは福島県福島市にて、自然派レストラン「げんき菜農園」を経営しております。「安全・安心」な食材をつかい、栄養士の指導も受けながら、ミネラル補給の重要性を意識して食事を提供しています。お店の名前は、オリンピック選手の食事を指導されている方が開発された「ゲンキ菜」という高ミネラル野菜を参考にしました。

 

福島県は、現在でも震災の爪あとが多く残っています。その内の一つが風評被害で、まだまだ多くの方から有機無農薬の食材を求める声が聞かれます。そして私たちは、特に未来を担う子どもたちに安心な食材を食べてほしいと考えています。おかげ様でお店は連日満員御礼、しかしながら人手不足でお店が回らない状況です。そこで今回、業務用食器洗い機を購入することを決意いたしました。

 

しかしながら、業務用食器洗い機の購入費が約66万円、不足しています。

皆さまのお力をお借りできないでしょうか。

 

(みんな、いっぱい食べて大きくなってね!)

 

(色とりどりのおかずたちです)

 

 

「子どもの成長は、6歳までの食事で決まる」

「食べることは生きること」

ーーー食べたもので、私たちは創られ、生かされています。

 

「食」は人に、とても大きな影響をもたらします。ある論文では「子どもの成長は、6歳までの食事で決まる」と結論づけられました。栄養価の高いものを口にすればするほど、脳に栄養がいきます。安全なものを口にすればするほど、病気のリスクが軽減されます。小さい頃から食に関心をもって、安心して栄養があるものを食べられる環境づくりが私たちの使命だと思っています。

 

だからこそ私たちは特に未就学児にスポットをあて、安心・安全な食材をつかったランチを無料で提供しています。「食べることは生きること」です。美味しくて栄養のある食事をとることは、私たちの健康を保ち、豊かは人生を送ることに繋がると思います。

 

(子どもたちです)

 

(食事は大切です)

 

 

美味しいものを食べたとき、思わず笑顔がこぼれたこと、ありませんか。

食の魅力は、人を自然と笑顔にさせてしまうことです。

 

長年、レストラン経営を続けて参りました。積年の夢であった「安心で安全な食事を子供たちに」と言う事業がようやく叶いました。沢山の方々のお力添えや応援を戴いて今日があると思って居ります。なにより、子供たちの元気な笑顔が活動を続けるエネルギーとなっています。

 

本来、多くの子どもたちが苦手としているお野菜を、みんな残さず食べてくれます。みんな「美味しい!」といって食べてくれます。私共、げんき菜農園は特別な事はしておりません。素材を厳選しているのみです。素晴らしい畑で採れたお野菜は、それだけおいしいのでしょう。子どもたちが健やかで元気に成長してゆく姿を見れる事、その一端でもお役に立てていれば、これほどうれしい事はないと思って居ります。

 

(げんき菜農園の様子です!)

 

 

「復興で自分にできることはなんだろう。」

そう考えたとき、食で人を元気にすることが使命だと思いました。

 

げんき菜農園は今春にスタートさせました。東日本大震災の被害を受けた福島県で、いま私たちができることは何だろうとずっと考えていました。そしてレストランで働いていた経験を活かし、人生の集大成の意味もこめて、安心な食事をとる環境をつくることから始めました。

 

(おかずをたくさん用意しています)

 

未来をつくる子供たちに、有機無農薬で安全安心な食事を無償で提供したいと思っています。そして福島の子どもたちが健やかに、元気に育ってくれることを心から願っています。

 

また今では、食育を中心に様々な情報発信の場にもなっています。イベントも盛りだくさんで、音楽祭や心のケア、子どもがテーマの絵画展、野菜直売のマルシェ、食に対する見識を深めるための講演会など様々な活動にも協力しています。

 

(げんき菜農園です!)

 

子どもたちのために、ご応援を、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

=引換券=

 

■サンクスレター


■げんき菜農園SHOP CARD

 

■高ミネラル野菜『ゲンキ菜』


■玄米麺(乾麺)

 

■深入り玄米粉

 

■深入り玄米粉・粒