プロジェクト概要

もてあましている食材に最高のスポットを!!

冷蔵庫の奥で眠っている食材たちを美味しく変身させるイベントをもっと多くの人に広めたい!

 

こんにちは。私はサルベージ・パーティ実行委員会のトータルフードプロデューサー平井巧と申します。サルベージ・パーティとは、食料廃棄について生活者、企業、行政、生産者など多様な人たちが集まり解決を目指す「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」から生まれた、楽しみながら行えるフードロス啓発イベントです。

 

もてあました食材で美味しい料理に変身させるイベントをもっとたくさんの方に来て頂けるようにしたい!そのためのイベント開催費、サイト運営費が必要です!



 

このままだと、今にもしぼんでしまいそうな野菜。ラベルの読めない調味料。一度きりしか使われず、冷蔵庫で出番を待つ加工品。捨てるにはかわいそう!でも、どう使えばいいの?

 

できるだけ、食材をムダにしたくない。誰しもがそう思いながら生活しているものです。ところが、知識がないことや、知識はあっても使いこなせないことで泣く泣く食材を捨てる道を選ぶ方が多いのが現状です。

 

サルベージ・パーティでは、自宅にある“フードロス予備軍な食材”(食べ切れなさそうな食材、期限切れが近い食材、使い方がわからない食材)をみんなで持ち寄り、シェフがその場でレシピを考え調理。参加者みんなで料理をシェアします。

 

 

かんぴょうを生まれ変わらせる魔法、サルベージ。

サルベージバーティは「シンデレラ」みたいなパーティ!

 

例えば、かんぴょう。乾燥したままのかんぴょうを、シェフはパスタ代わりに「麺」として使用しました。冷蔵庫の奥でくすぶっていたかんぴょうが、魔法にかけられたシンデレラのように生まれ変わりました。

 

サルベージ・パーティの面白さは、参加者それぞれがその人なりの食材を持ち寄り、どんな料理ができるかわからないワクワク感と、出たとこ勝負な食材から素晴らしいレシピを生み出していくシェフのすごさを目の当たりに出来ること。そしてアイデアや工夫次第で、使えない、使い切れないと思っていた食材の意外な使い道がわかり、「これからはこういうふうに工夫すればいいのか」と知恵がつき、「アイデアを凝らして料理するって楽しいんだな」と意識が変化するきっかけの場になることです。堅苦しくなく、楽しく、他人とフードロスについて語り合い、問題について考えるきっかけになります。

 

(サルベージで生まれ変わったかんぴょう)

 

フードロスという問題。
日本では年間約1,800万トンもの食品廃棄物が排出されており、このうち「本来食べられるにも関わらず廃棄される量」(食品ロス)は500~800 万トンに及び、我が国のコメの年間収穫量約813万トンに匹敵する。*
* 農林水産省推計より

 

国際連合食糧農業機関(FAO)の2011年の発表によると、「人が消費するために生産された食料の概ね3分の1が世界中で失われ、捨てられており、その量は1年あたり約13億トンになる。食料は、農業生産から世帯での消費に至るフードサプライチェーン全体を通して無駄にされている。」とのこと。

 

食べられるものを捨てることについてもっと考えて行動する必要があるのではないか。これが今を生きる私たちが持つべき問題意識です。健全で気持ちのよい食の世界を、次世代にきちんとパスしたいものです。

 

 

 

フードロス・チャレンジ・プロジェクト 
http://foodlosschallenge.com

 

新しいカタチのフードロス・プロジェクト「サルベージの100ページ」で、100個のサルベージ・ヒントを集め、それを未来へのこしていく。

 

サルベージ・パーティをはじめて約1年が経ち「自分たちでもサルベージ・パーティをやってみたい!」というお声を全国から多くいただき、実際にパーティを開催していただくケースも増えてきています。私たちはフードロスの観点から、サルベージ・パーティをもっと多くの方に開催していただきたいと思っています。

 

さらに、食材を救出するための知恵をあつめるプロジェクト「サルベージの100ページ」を立ち上げ、先人より受け継がれてきた、具体的な食材を救うヒントを未来へちゃんと残すことにも取り組んで行きます。発酵する、漬ける、干す、冷凍する…など、食材の最適な保存法や、残り物の利用法は実は世の中にたくさんあります。これらを、その道のスペシャリストがレクチャーし、みなさんと一緒に学んでいくワークショップ形式のプロジェクト。それが「サルベージの100ページ」です。ぜひ、私たちと一緒に、その1ページを刻んでみませんか。 

 

 

 

「サルベージ=食材を救うこと」の考えが広がることで、フードロスについて考える人たちを少しでも増やしたい。

 

サルベージ・パーティに余った食材を持って参加したり、友人を集めて自分たちでパーティを開催したり。サルベージを体感した人たちが、自分に合ったカタチで「フードロス」に関心を持ってもらうことが、食料廃棄の課題解決の一歩になれば良いと思っています。10年後、20年後に「あのとき食料廃棄について興味をもっておいて良かった」と思えるように。サルベージ・パーティ実行委員会ではみなさんにご協力いただき、次のことに取り組ませていただきたいです。

 

1. サルベージ・パーティ開催のための運営資金(会場費、シェフ謝礼、イベント備品代)×5回分

2. だれでもサルベージ・パーティを開催できるためのルールブックの作成と、特別サイトの運営(サイトにはサルベージの啓蒙記事と、開催手順や事故防止のためのルールブックを掲載)

3.100個のサルベージ・ヒントをみんなで集め、それを未来へのこしていくワークショップ型プロジェクト「サルベージの100ページ」の開催&運営資金(会場費、講師謝礼、イベント備品代)×5回分

 

 

引換券の詳細


■¥3,000の支援で受取る引換券
★サンクスメール


■¥10,000の支援で受取る引換券

¥3,000の内容に加えて

 

★サルベージ・パーティオリジナルエコバッグ
サイズ:約W300×H210×D100mm(持ち手)約W25×全長290mm

*デザインは後日お知らせします。サイズやデザインは変更となる場合がございます。

 

★下記①または②どちらかをお選びください。

①サルベージ・パーティ実行委員会主催のサルベージ・パーティ無料招待ペアチケット

*2014年都内開催予定。開催情報は後日ご案内。

*会場までの交通費はご負担ください。

②家庭で余りがちな食材を救うレシピ集(3品分)メール配信

 

 

■¥50000の支援で受取る引換券

¥10,000の内容に加えて

 

★サルベージ・パーティオリジナルのエコバッグ
サイズ:(持ち手含まず)約W300×H210×D100mm(持ち手)約W25×全長290mm
*デザインは後日お知らせします。
*サイズやデザインは変更となる場合がございます。ご了承ください。

 

★サルベージ・シェフ1名派遣します。お好きな場所でサルベージ・パーティの開催が可能です。
*派遣先は都内近郊に限ります。日時については要相談。パーティの規模は、参加人数:〜30名に限らせていただきます。

 


■¥100000の支援で受取る引換券
¥50,000の内容に加えて

 

★サルベージ・パーティの全体コーディネイト
個人でサルベージ・パーティを企画したい方に向けて、企画・運営すべてをコーディネイトします。
*都内近郊の開催に限ります。2014年中開催に限り、日程は要相談。場所代他、開催経費はご負担いただきます。

 


■¥300000の支援で受取る引換券
¥50,000の内容に加えて

 

★サルベージ・パーティの全体コーディネイト
企業・団体でサルベージ・パーティを企画したい方に向けて、企画・運営すべてをコーディネイトします。
*都内近郊の開催に限ります。2014年中開催に限り、日程は要相談。場所代他、開催経費はご負担いただきます。


最新の新着情報