READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

出産後の母親のリアルを伝える本をつくりたい!

坂崎あゆみ

坂崎あゆみ

出産後の母親のリアルを伝える本をつくりたい!

支援総額

1,150,000

目標金額 800,000円

支援者
184人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2014年04月03日 15:59

\『産褥記3』編集会議中/

こんにちは!マドレボニータ事務局の八田 吏(はった つかさ)です。

 

今マドレボニータで制作を進めております『産褥記3(さんじょくき・すりー)』、
本日2014年4月2日午後3時、まさに今、編集会議中です!

 

著者の吉田紫磨子と、編集長のハナコさんが、特集ページについて相談中。

 

割り付けはどうする?

ここにはイラストを入れる?

 

などなど、ラフに書き込みながらおおまかな流れを決めている最中です。

 

(八田は、イササカ先生の原稿を待つノリスケさんのごとく、
お二人の傍らでイメージが形になっていくさまを見守っております・・・)

 

 

今回の『産褥記3(さんじょくき・すりー)』は、
41歳で第4子を出産した吉田紫磨子による

「母の身体と心、出産後1ヶ月の記録」に加え、

産褥記(さんじょくき)シリーズ初の試みとなる、

「特集ページ」に力を入れています。

 

「出産したら1ヶ月は安静に」と産院などでも指導を受けますが、

実際なんで1ヶ月も休まなくちゃいけないのか?

その間家事とか上の子の育児はどうするのか?
そもそも「安静」ってどの程度なの?

 

などなど、考えてみると分からないことだらけだったりするもの。

「特集ページ」では、その辺りの真実にずばっと切り込んでいきます!

お楽しみに!

一覧に戻る

リターン

3,000

■お名前を『産褥記3』に掲載
■制作日記メールレター

支援者
25人
在庫数
制限なし

5,000

3000円の引換券に加えて、
■みなさんからのご支援で完成させる書籍『産褥記3』
■マドレボニータオリジナルステッカー1枚

支援者
128人
在庫数
27

10,000

5000円の引換券に加えて、
■書籍『産褥記1(改訂版)』
■『産褥記3』へ応援メッセージ(100字〜400字程度)を執筆いただければ特別に掲載

支援者
28人
在庫数
51

30,000

10000円の引換券に加えて、
■書籍『産後白書1』
■著者の吉田紫磨子さんと家族(夫と四姉妹)からのサインを進呈

支援者
4人
在庫数
26

プロジェクトの相談をする