「戦没学生の音楽作品に命を吹き込み、今を生きる場所を藝大に」の支援期間が去る5月15日(火)の23時をもって終了し、今回も無事クラウドファンディングが成立いたしました。二年続けての同テーマによる呼びかけにもかかわらず、クラウドファンディングが成功したのは、ひとえに皆さまのあたたかいご支援の賜物であり、改めて感謝申し上げます。

終了の翌日にはこれを書いて「新着情報」に投稿したつもりでいたのですが、手違いで投稿されておらず、ご報告が遅れてしまったことをお詫び申し上げます。今後は7月下旬のシンポジウムとトークイン・コンサートの実現と、さらにその先のWeb資料館の開設に向けて努力を続けていく所存です。

なおリターンは、オリジナル・クリアファイルと「東京藝大アーカイブズ友の会」会員証の発送を皮切りに、その他のリターンについても、準備が整い次第順次発送してまいります。これからも我々のプロジェクトを見守っていただきたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。

東京藝術大学演奏藝術センター 大石 泰

東京藝術大学音楽学部大学史史料室 橋本久美子

 

新着情報一覧へ