こんにちは、実行者の秋沢淳子です。

 

台風が関東に大きな影響を及ぼしていますが、これまで、またこれから通過する地域を含め、これ以上の被害が出ないことを祈っています。

 

この支援プログラムで来年3月から日本にやって来るAFS年間留学生の第一次選考が、9月28日と30日に、スリランカ、クルネガラのスプートニク教育学院で行われました。


全部で15人の応募者のうち28日に12名、30日に1名と、SPUTNIK International Sri Lankaのキッツリ理事が面接を行いました。一次選考で選ばれた応募者が、最終選考の特技披露・自己PRへと進みます。
 

これまでにプロジェクトにいただいたご支援は、目標額まであと20万円のところまで来ています。そして、いよいよ残されたスポンサー募集期間は18日間

 

まもなく選ばれる11期生の個人負担の心配を出来るだけ少なくできるよう、目標額達成まスタッフと一緒に頑張りますので、引き続き応援をよろしくお願いします。
 

キッツリ理事と、一人づつ面接。日本語や英語の実力、そして本人の留学への意欲が慎重に確認されます。

 

待合室で面接の順番を待つ応募者たち。ドキドキが伝わってきます。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

引き続き、応援よろしくおねがいします。

 

秋沢淳子

SPUTNIK International一同

新着情報一覧へ