最初にみたフィリピンのスモーキーマウンテンの惨状をみてからはや6年目。

いまにも崩れ落ちそうな掘っ立て小屋が海の上にたっていたり、目をしばたたかせながら24時間有害な煙のなかで生活していた人々を思い出します。

 

現地ののクラウドファンディングプロジェクトをはじめて、得られたものはとてもおおかったですが、現地の子供たちの将来を考えて両親がなんとか移住を決断したことはとてもよかったことでした。支援者さまから、「リターンはいいから、少しでもたくさん子供たちに食事をたべさせてあげてください」といわれたメッセージも記憶に新しいです。(こどもたちが住んでいたスモーキーマウンテンの川べり)

dd

おかあさんたちは、おとうさんたちが収入をえるためにマニラにもどってしまっても子供たちを育てなければなりません。そんななか、野菜栽培をはじめた人々の顔は明るかったです。(下は野菜コンテストにあつまった人々)

ff

これからおかあさんたちがグループをつくって、最終的には野菜スナックで生計をたてられるようにしたい!こんなみなさまの祈りとともに、これからも一層努力してまいります!!

新着情報一覧へ