【当協会の現役介助犬ユーザー様の牛久保様から応援コメントをいただきました。】

 

皆様、はじめまして。

牛久保と申します。

 

旭君が一つのチャレンジをすると聞き、私の経験談も含め、応援コメントを書かせていただきました。ご一読戴ければ幸いです。

 

 

自分が病気になるなんて全く考える事なく、仕事が楽しくて仕方がない時に難病を発症し、次第に生活に支障をきたす様になり、生きる意欲さえ無くなった時期もありました。


そんな中、家族を始め周りの人の支えにより立ち直る事ができましたが、その反面、家族への負担が増す毎に罪悪感を抱くようになりました。

 

 

そして、ならばこれからをどう生きていくべきか思案に暮れるようになり、介助犬に助けてもらう事を思いつきました。

 

 

その結果、たくさんのご協力を頂き念願が叶い介助犬を得る事ができました。

最初は妄想から始まり夢を持つようになり、夢が叶い更に夢が膨らみ、今は介助犬と共に生きる責任と生きる楽しさを味わっています。

 

これまでご指導下さった方々、支えて下さった方々に感謝致します。

 

そして旭くんにも、私と同じ様に「妄想が実現へとつながった介助犬との生活」を送れる日が来ることを心から祈っております。

 

皆様も最後まで旭くんの応援を宜しくお願い致します。

 

がんばれ、旭くん!
みんなが応援しているからね。