その後の垂水

皆様お元気でしょうか。

忘れられた台風16号の被害。鹿児島県・垂水馬込地域からのSOS!」へ支援金を頂いた皆様・ご協力を頂いた皆様へ心から感謝申し上げます。

 

台風16号、、、あれからもう少しで8ヶ月です。

その後の垂水を追ってみました。

 

 

 

、、、現在、被害にあった垂水市上馬込・下馬込地域周辺は、行政主導で復旧作業が行われています。

 

 

 

 

 

 

垂水の水之上地域から猿ヶ城渓谷へ行く途中の橋。流木の撤去も終わり、後はガードレールの修復を残すのみ

 

 

 

 

 

 

 

橋を過ぎた所の畑。流木と砂の除去が終わり、新しい草が生えてきています

 

 

 

 

 

 

 

 

畑を通る道路。舗装がされ今までの様に通行できる様になりました

 

 

 

 

 

 

 

 

畑の土砂は少しずつ綺麗になりつつあります

 

 

 

 

 

 

 

 

畑の中の鉄塔です。流木・土砂もすっかり綺麗になりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅地は地権者の関係で出来ない所を除いて全て綺麗になっています

 

 

 

 

 

 

 

先日の南日本新聞には、垂水市役所様・鹿屋警察署様が垂水地域の現状確認を実施した模様が掲載されていました

「完全に復旧していない場所は、昨年同様の大雨や台風があれば(災害の)リスクが高まる。早めの情報発信をする予定なので、市民にも早めに避難してほしい」

 

 

 

 

 

、、、地権者の関係で復旧ができない箇所や、公費の関係でガードレール・橋の復旧がまだ出来ていない所はまだあります。

ready for を通じて、支援金を受けた現地の皆さんは、過去を受け止め、前を向き、今まで通りの生活を取り戻そう、もっとより良い生活を送ろうと一生懸命です。それは、住民だけではなく、行政関係の皆さん・それに関わる全ての皆さんに言えることだと思います。

そして、皆さんこの垂水がとても好きで、この台風を通じてより強い繋がりになっていると思います。

 

 

これから、日本は梅雨に入ります。

皆さんも充分ご注意頂けたら幸いです。

 

二度と世界中でこの様なことが起きないことを心から祈ります。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています