私たちは、低所得世帯及びひとり親世帯の子どもたちの教育格差問題を解決する糸口になればとの思いで、「寺子屋復活プロジェクト」を始動しています。

その一環として、今年の夏休み期間中に、教材代のみで参加できる「かっぱの寺子屋」を開講することとなりました。

 

「かっぱの寺子屋」では、学校で学ぶ勉強とは別の、課外学習体験ができます。

 

ひとりひとりの個性を大切にして、枠組みを設けず、年齢も1年生から6年生までが混ざり合ったグループの中で、お互いが協力しながら、カリキュラム課題をこなしていきます。

子どもたちが、自ら創意工夫して、活動します。そこで、子どもたちを見守り、フォローするのが、地域のボランティアスタッフさんたちです。親戚のおじちゃんやおばちゃんのような存在です。核家族化が進むなかで、親以外の大人とコニュニケーションをとることは、思いやりのある視野の広い豊な人間形成を養えると信じています。

 

参加費:2,000円(7日間分の教材代・1日分は約285円)※教材費は、7日分を按分して算出しています。1日2時間(休憩時間含む)、7日間のカリキュラムです。

最終日には、修了証書授与式があります。(皆勤特別賞もあります)

また、ギャラリーにて、子どもたちの作品展を開催予定です。

参加者特典:「かっぱの寺子屋」会員バッジ、会員手帳、活動日誌用ノート、筆記用具等。立川市教育委員会さまから後援の承認をいただいています。

 

現在の予定では、参加費(教材代)を徴収することになっています。教材代以外にも、事業を実施するにあたり経費が必要となりますが、それはボランティアスタッフさんたちの無償の労働により賄われています。

 

このREADYFOR?において、皆様からのご支援をいただき、教材購入資金調達が達成されれば、ひとり親世帯・低所得者世帯の子どもたちの参加費を無料に出来ます。それにより、より多くの子どもたちが、夏休み期間を楽しく過ごし、将来の夢を叶える資質を発見できる機会に恵まれる可能性があります。

なにとぞ、ご支援をお願い申し上げます。ご支援の方法は、お金だけではありません。私たちの理念にご賛同いただき、温かいメッセージをいただけるだけでも、大変な励みとなります。まだまだ、未熟な会でありますが、よろしくお願い申し上げます。

 

まだ正式なチラシではありませんが、参考資料として、チラシを添付いたします。

カリキュラムについての詳細は、随時更新して行く予定です。

チラシ(案)