プロジェクト概要

 

野良猫は、あなたの住むまちでも暮らしていますか?

 

彼らが生きていくためには、

衣食住のほか、適切な治療を施すなど、

人間が保護する必要があります。

 

しかし、地域で活動する保護猫団体さんは、

「これ以上保護する余裕がない」

「里親に譲渡する機会を設けることができない」

…など、さまざまな悩みを抱えています。

 

こうした悩みを解消するために、

保護した猫をお世話し、里親に譲渡するサイクルを作るべく、

“保護猫カフェ”をたちあげます。

 

 

保護猫に、あたたかい家庭を。
地元豊川市ではじめての保護猫カフェ、たち上げます。

 

はじめまして!中部大学経営情報学部4年の益田凌平です。


私は昔から動物が大好きで、小さい頃からよく傷ついた野鳥を保護したり、野良猫を拾って飼ったりしていました。高校生の時には動物病院でボランティアをしていたこともあり、いつしか動物の命を救えるような会社をたち上げたいと志すようになりました。

 

写真中央が私、益田です。

 

大学で経営の基礎を学び、大学内の野良猫を管理するプロジェクトの初代代表を務め、その経緯で全国大学猫連盟の運営メンバーにも所属していました。

大学では、毎日のエサやり、傷を負った猫や病気を抱えている猫の治療、避妊去勢手術による猫の繁殖制限(TNR活動)などの活動をしています。また、人間の食べ物を食べて病気になる猫もいるため無断エサやりの禁止を呼びかける啓発運動などもしています。

 

大学猫連盟では、全国から集まった所属メンバーそれぞれの大学の、「大学猫活動」をサポートしております。

 


そうした活動の中で保護猫団体さんと関わり、殺処分される猫があとを絶たない現状を救うご活動をリアルに体験しました。

 

現状を目の当たりにして、私は、「殺処分される猫を1匹でも多く救いたい」と、より鮮明に思うようになりました。

 

個人調べの情報になりますが、豊川市には、まだこのような保護猫カフェはありません。そこで、この度、保護した猫をしっかりと里親のもとに届けるべく、地元愛知県豊川市に「保護猫カフェtormenta」をたち上げるためにクラウドファンディングに挑戦します。

 

「保護猫カフェtormenta」は大学の猫を保護する活動の一環としてたち上げるのではなく、大学卒業後も私・益田が経営し、私の人生を通してしっかりと活動を継続してまいります。

 

皆様、応援のほど、どうぞよろしくお願いします!

 

 

なぜ、保護猫カフェなのか。
里親とつなぐ仕組みが、今、必要なのです。

 

 

私たちは大学で猫の病気を治療したり、TNR活動をする際に捕獲機を使うのですが、保護猫団体の皆様にはその使い方(コツなど)を、また子猫が生まれた際には里親探しの進め方などを教えていただくために連絡を取り交流させていただきました。

 

保護猫団体の皆様は、普段、譲渡会を不定期で開催されていたり、野良猫の保護、治療を行っていますが、上記の交流の場で、

 

『野良猫を発見してもケージの空き枠がないため保護できない』

『里親に出そうとしても譲渡会の開ける場所がない』

『保健所の人が来ていた、早くしないと捕獲されて殺処分されてしまう』

 

…といった現場の声を聴くことができ、野良猫を助ける団体があってもその保護された猫を里親に出さなければ多くの猫を保護できないという現実を知りました。猫を保護したくとも飼育スペースや物資の不足、また、譲渡会の会場もなく里親に出したくとも出せない状況なのです。

 

どの団体さんも、保護できる数には限りがあります。

 

こうした現状を目の当たりにした私は、「保護した猫を施設で育てるだけでなく、里親とマッチングする仕組みを整えることでより多くの猫の命を救うことができるのではないか」と考えるようになりました。

 

そこで、この度『保護猫カフェtormenta』をたち上げることに思い至ったのです。

 

今回保護猫カフェをオープンする予定の物件です。

 

たち上げるカフェは、以下のような役割を担いたいと考えています。

 

①猫を里親に出すための譲渡会場として。

②里親を探しているという旨を張り紙にして掲示する場所として。

③里親に出した後の猫を、しっかり見守る存在として。

 

保護猫団体さんにも里親となってくださる皆様にも安心を提供し、豊川市という地域で猫を見守る場所になれれば、と思っています。

 

豊川市初の「保護猫カフェ」を、地域の皆様や動物の命を大切に思ってくださる方々とともに作りたい。

 

そして、このカフェをきっかけに、豊川市のたくさんの人と猫が素敵な出会いをして、豊川市が今よりもっと人にも猫にもやさしい地域になることを願っています。

 

 

 

手探りのところもあるけれど一歩一歩、しっかり前に進みたい。
一匹でも多くの猫を幸せにするために、あたたかいご支援を。

 

親切にしていただいている、保護猫カフェのオーナーさんから経営のノウハウを学び、各保護猫団体さんや豊川市の創業支援ネットワークに支えられ、ようやくお店の土台が固まりました。

 

『保護猫カフェtormenta』では、里親さんに健康な状態で譲渡できるように、健康診断や予防接種を定期的に行い、猫のお世話をしていきます。カフェの空間も、猫窓によって店内を自由に移動できるようにし、猫だけが入れる待機スペースを用意することでストレスを与えることなく育てることが可能です。

 

保護猫団体さんとのネットワークがあるからこそ、子猫のうちから育て、カフェという環境で人に慣れさせることができます。そして、人に慣れた猫だと、里親となってくださるご家庭に譲渡しやすくなるのです。こうしたサイクルを『保護猫カフェtormenta』で作っていきたいと考えています。

 

そして、里親さんに譲渡した後もしっかり猫の暮らし・健康を見守ることは、保護した自分たちの責任を全うするということだと思いますので、半年に一度などのペースで猫の様子をご報告いただくなど、定期的な見守り活動も行います。

 

猫と里親さんが幸せに暮らしていくことが、今回保護猫カフェを運営していく上での何よりもの願いです。

 

 

これまで数々の保護猫団体さんと活動をご一緒し、その活動についてご教授いただきました。現在も、複数の団体さんに今後の猫の受け入れについてご協力いただける予定です。『保護猫カフェtormenta』は支援してくださる方々・地域の方々・そして猫たちを繋いで行けるお店を目指します。

 

ですが、保護猫カフェをたち上げるのは、今回がはじめて。

やってみないとわからないことが、まだまだたくさんあるというのも事実です。

例えば、実際にどんな状態の猫を受け入れ、その飼育・医療費がどのくらいかかってくるのかなどは、開業してみないと分からないことのひとつです。

 

そのため、一度にたくさんの猫を保護するのではなく、ご協力いただく保護猫団体さんや保護猫カフェのオーナーさんの力をお借りしながら、少しずつ、受け入れる猫を増やしていくようにと考えています。

 

 

今回のクラウドファンディングでは、保護できる猫の数を増やすためにも、現在オープン予定の施設にある保護スペースを改装するための費用の一部と、運営面で必要な資金を少しでも集められればと思っています。

 

まだまだ未熟な部分の多い私ですが、それでも、「やってみないとわからない」から「やらない」のではなく、一匹でも多く幸せな家庭で暮らすことのできる猫が増えるように、「まずはやってみよう」と思うのです。

 

この保護猫カフェを成功させ、さらに多くの猫を保護する!
ゆくゆくは2店舗、3店舗と展開し、愛知県の猫の殺処分数を0にしたい!

 

豊川市初の保護猫カフェということで、殺処分される猫について多くの人が考えるきっかけとなる場所になれたらと思います。

 

 

リターンのご紹介

 

■1,000円ご支援いただいた方:

感謝の気持ちを込めて、お礼のメールをご送付いたします。

 

■5,000円ご支援いただいた方:

ご希望の方に限り、サンクスボードもしくはHPにお名前を記載いただくか、お店にお越しいただける方にはお店の1日フリーパスをプレゼントいたします。


■1万円ご支援いただいた方:

お店のプレオープンへの招待券をプレゼントいたします。

 

■5万円ご支援いただいた方:

ご希望の方に限り、サンクスボードもしくはHPにお名前(社名)を記載いたします。また、お店にお越しいただける方には、お店のフリーパスを2枚プレゼントいたします。

 

■10万円ご支援いただいた方:

A4サイズのポスターを1か月間店内への掲載いただけます。

 

その他、たくさんのリターンをご用意いたしております。

また、資金使途は下記の通りです。

 

*皆様からいただいたご支援の使いみち

改装費・店舗契約費    1,500,000円
車両運搬具    1,000,000円
保護できる猫を増やす改装費    1,000,000円
飼料・ケージ・猫砂等    100,000円
キャットタワー等    200,000円
電化製品    200,000円


必要金額合計: 4,000,000 円

※オープン予定日:2019年12月1日(日)

 

必要金額のうち、皆様からいただきましたご支援は、お店の改装費の一部に充てさせていただき、不足分は自己資金と愛知県よりいただいております助成金によって補填させていただきます。

 

皆様のあたたかいご支援を、心よりお待ちしております。

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)