READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

"投資家"と"社会起業家"の新しい関係性を産む財団をつくる。

加藤轍生

加藤轍生

"投資家"と"社会起業家"の新しい関係性を産む財団をつくる。

支援総額

3,521,000

目標金額 3,000,000円

支援者
93人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
21お気に入り登録21人がお気に入りしています

21お気に入り登録21人がお気に入りしています
2015年02月23日 19:45

NPO法人ポレポレ代表理事 高橋邦之さんからのメッセージ

 

カトテツさんは、2013年1月に、メコンブルーの工房に連れて行ってくれました。
そこから、メコンブルーと協働をはじめて、2年。


今年は、新興国の物作りに詳しい方、染織の専門家に加え、メイクアップアーティストによるワークショップまで行うことができました。

 

NHKの現地取材も入り、ソーシャルプロダクツ・アワードも受賞しました。
これらは、カトテツさんが、いなかったら、なにひとつ、できてないことでしょう。

 

メコンブルーの創業者、チャンタさんは、僕が行くと、かならず、「加藤さんは、今、どうしてますか?元気ですか?」と聞きます。そんな風に、カトテツさんのもとでは、心ある、たましいの結びつきが、たくさん生まれてます。(高橋邦之)

 

 

(下記、加藤補足)

NPO法人ポレポレの高橋さん。2009年から2010年にかけて事業開発の支援をしていたカンボジアの草の根NGOメコンブルーの日本パートナーがいないかなあ、と探していた頃でした。たまたま、とある合宿で知り合い、その後、カンボジアを通る用事があったので、「一緒に行きませんか?」と誘ってみました。

 

フェアトレードというのは、けっこううまくいかない確率の高い事業で、どうなるんだろうなあ、と思いつつ、カンボジアのメコンブルーの代表チャンタに紹介してみたのでした。

 

彼らがすごいのは、お互いの顔が見えにくいし、そういう関係性の中で、新しい商品を開発したり、物語を伝えたり、というところまでちゃんとやってみせていること。

 

それは、毎日顔を合わせることができても、簡単なことじゃなくて。結果的によかれと思ってやったことから、ボタンが掛け違ってきたり。口が違うと背景が違って、同じ言葉でも、違う理解を産んだり。そういうことを一つづつ乗り越えて、メコンブルーのスカーフは日本に届くようになりました。

 

ついには、日本向けの新しいラインナップもお目見えするとか。

http://mekongblue.jp/

 

高橋さんの独特の世界観があふれるメルマガも面白いのです。ぜひ!

https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01286592

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

財団設立時への参画の御礼として、
・フォトレター(財団設立時のみ発送)
・活動報告のメールマガジン(月刊)を送らせて頂きます。

支援者
27人
在庫数
73

10,000

・フォトレター(ハガキサイズ・月次で郵送)
・賛助会員向けのジャーナル(デジタル)を送らせて頂きます。
・招待制の総会にご招待致します。(賛助会員の資格は年度更新とさせて頂きます。)

支援者
23人
在庫数
77

30,000

・フォトレター
・ジャーナル
・総会への招待
・代表・加藤(過去に25社の非営利組織、ベンチャー企業の事業開発を支援の過去の経営支援の経験から得られたエッセンスを取りまとめ)、ブックレットにした「非営利組織の経営のノウハウ、キープロセス」(印刷物のみ。20-30頁を予定)をご提供します。(2015年8月末までに発送)

支援者
18人
在庫数
32

50,000

・フォトレター(郵送),賛助会員向けのジャーナル(デジタル)を3年間送らせて頂きます。
・財団の設立者として記名させていただきます。
(ウェブサイト上にご芳名を記名。記載は希望者のみ。ニックネーム可。)

※ 財団の「設立者」は財団法上、株主のような意思決定権限を持ちませんが、設立者としての声や意志、時代性は財団経営に反映させて頂きます。

支援者
18人
在庫数
42

60,000

・フォトレター
・ジャーナル総会への招待
・ブックレット
・「財団/ベンチャー/フィランソロピー/インパクト・インベストメント・ファンドの立ち上げ方~WIAのケーススタディ~」(印刷物のみ。各20-30頁を予定)をブックレットでご提供します。
(2015年8月末までに発送)

支援者
2人
在庫数
48

100,000

・フォトレター
・ジャーナル、
・総会への招待
・設立者への記名
・日本国内で支援する社会起業家たちのプロジェクトを訪れ対話するためのツアーにご参加頂けます。
(東京もしくは大阪で開催予定。年1~2回程度を予定。交通費はご負担をお願いいたします。宿泊無しのプログラムを予定)

支援者
4人
在庫数
26

100,000

・フォトレター
・ジャーナル
・総会への招待
・設立者への記名以外のリターンはありませんが、投じた金額のすべてが社会起業家/社会的企業の革新のために使われます。

支援者
0人
在庫数
制限なし

250,000

・フォトレター
・ジャーナル
・総会への招待
・設立者への記名
・アジアで支援する社会起業家たちのプロジェクトを訪れ対話するための場にご参画頂けます。
(年1~2回程度の開催。タイミングが合わなかった場合は翌回にご参加いただけます。現地の宿泊代・食事代を含みますが、航空券のご負担をお願いいたします。二泊三日もしくは三泊四日程度を想定)

支援者
1人
在庫数
29

400,000

・フォトレター
・ジャーナル
・総会への招待
・設立者への記名に加え、 
・アジアで支援する社会起業家たちのプロジェクトを訪れ対話するための場にご参画頂けます。
  ツアーの開催日程を予め指定することができます。

支援者
0人
在庫数
2

600,000

・フォトレターの送付
・ジャーナル
・総会への招待
・設立者への記名
・アジアで支援する社会起業家たちのプロジェクトを訪れ対話するための場にご参画頂けます。
ツアーへのご参加の際にご要望を組み込んだオプショナルツアーを組み込むことができます。
(現地の宿泊代・食事代を含みますが、航空券のご負担をお願いいたします)

支援者
0人
在庫数
5

1,000,000

・フォトレター
・ジャーナル
・総会への招待
・設立者への記名以外のリターンはありませんが,投じた金額を活用し、社会起業家/社会的企業一社の革新を形にすることができます。

(2013年-2014年の投資先の社会的企業の社会的成果=受益者数の伸び率は平均で年間61%を達成しました。金額の概算は東北での実績から算出したもので、支援の条件によって異なります。)

※ 詳細は別途お問い合わせください。

支援者
1人
在庫数
9

30,000,000

・特定の分野の社会起業1社もしくは、1テーマの社会起業に対して、永続的な資金供給と経営支援が可能になります。
(社会的に責任ある形で資金を運用し、その運用益を助成と経営支援に活用します。年間4%の利率で運用できた場合、年間120万円を継続的に社会的企業のために活用することができます。)

※ 金額は、特定目的のプログラムを永続させるための目安となる金額を記載しています。詳細は別途お問い合わせください。

支援者
0人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする