プロジェクト概要

ラグビー登山家、長澤 奏喜のテーマソングができました

前職の先輩のタカダチカラさんのご協力でテーマソング完成。

# World Try Project Season2

のPVをぜひご覧いただき、本プロジェクトをまずは感じてみてください。

 

この度、皆様のご支援を頂き、おかげ様で残り日数13日を残して、目標金額の150万円を達成しました!

 

私自身、いったいどれだけ皆様から信頼をいただき、ご支援をいただけるか不安でしかなかったですが、目標額を達成させていただき、本当にありがとうございます。

 

今回の目標金額150万円は、次回の南米遠征、アコンカグア6,960mとカテドラル丘514mの登頂を予定しています。皆様の期待を胸に山のトライキング!?として南米最高峰に世界初のトライを決めてきます!

 

しかし、これだけのご支援をいただいて、重ね重ねのお願いで恐縮ではありますが、残りの掲載期間を使用して、225万円という新たな目標に挑戦させてください。次々回のアメリカ最高峰、デナリ6,194m の資金について見通しが立てれない状況であり、この冒険を継続させる意味でもどうか引き続きご支援お願い致します。

2017年11月30日追記

 

『世界初』の職業。ラグビー登山家、長澤 奏喜

 

はじめまして。ラグビー登山家の長澤奏喜と申します。

 

私は高校からラグビーを始め、就職を機にラグビーの一線から離れた数多くのラガーマンたちと同じようなキャリアを歩んできました。しかし、現在、家族がいながらも仕事を辞め、人生をかけて命をかけて、ラグビーを盛り上げるべく、

 

ラグビーボールを脇に抱えながら、ラグビー強豪国の最高峰の山に登り、山頂にトライを決めています。​

 

現在は、2回に分けてポルトガルスペインイングランドウェールズスコットランドアイルランドルーマニアフランスイタリアの計9カ国と戦い、その全ての最高峰でトライを決めてきました。

 

Season#01-digest Portugal,Spain,Wales,England,Scotland,Ireland

 

山に登っている間はラグビーのルールに基づいて山に登っているため、あえて自ら負荷をかけている状況です。ノックオン時には誰も見ていない中、10m下がりスクラム姿勢を組んでリスタートする、雪崖がある場合はハイパントキックでラグビーボールを高く蹴り上げゲインする、もしくはボールを崖の上にダウンボールして前進する等、独自ルールを厳しく守って登頂しております。

 

誰も見ていない中、スクラム姿勢をとるのは恥ずかしい気持ちになったりもします!?

 

『世界初』の冒険。 # World Try Project

 

「ラグビー」「登山」を掛け合わすことにより、どの国の登頂も『世界初』(

2016年9月30日時点、本人調べ)の栄冠を手に入れるという化学反応があり、またその冒険で生まれる物語を多くの方々に共有することによってラグビー界の長年の課題であった(ラグビーに)興味・関心がない方へのアプローチが可能であると信じております。

 

今回、クラウドファンディングを立ち上げたのは、楽観が許されない国内のラグビー情勢下、協会や選手に頼るだけでなく、それらを支えるファンの手でもニュースを作り、盛り上げることができるのだと示したいとの想い、次回登頂予定のアルゼンチン、ウルグアイの登頂資金を皆さんにご支援頂きたい想いからです。

 

どうか皆さまよろしくお願いします。

 

ラグビーの試合がそうであるように、ゴールライン(山頂)は遠くに見えます!

 

ラグビーに恩返しをしたい

 

2019年まで残り2年を切りましたが、2020年に開催されるオリンピックに影を潜めてしまい、依然としてラグビーが盛り上がっていないことに寂しい思いや、憤りを感じているのはきっと私だけではないはずです。

 

日本で開催が決まってからすでに8年が経っておりますが、欧州各国に行っている身として日本人より海外の人々の方が日本で開催されることを知り、期待しているとの実感があります。

 

ラグビーボールを持って山に登るとよく海外の登山者に絡まれます。想像以上のプロモーション効果を感じました!?

 

なぜ、仕事を辞めてまでこのプロジェクトをはじめたかといえば、あの南アフリカ戦での大金星を見るまで日本代表に期待していなかったことへの己の戒めがあります。当時の思いを振り返りますと、勝てて1勝ぐらい。2019年の自国開催への士気が下がらなければまだいい。絶望的な結果で終わるのだけはよしてくれと思っていたファンの一人でした。

 

しかし、結果は皆さんのご存知の通り・・・。長期に渡る日本代表の懸命な努力を私は知っていながら、目の前にある仕事に埋没してしまい、代表へ期待もしていなかった後悔の念がこのプロジェクトの背景にあります。

 

登山は己の私生活すべてを見直し、色々と反省させられます!

 

また、幼き頃に父親を亡くし、心身のバランスを崩していた私がラグビーと出会って救われた気持ちがありました。己の限界を超え続けることが求められるラグビーは当時、物事からすぐ逃げてしまう私にとって最善の良薬でした。

 

私の人生に大きな影響を与えたラグビーが窮地に立たされているこの現状をなんとしても変えたい。ラグビーに対して恩返しをしたいとの思いがあります。

 

2019年までは、人生を、命を、一旦ラグビーに預けてみる!

そいう生き方も、こんな時代だからこそ、ありだと思う・・・。

 

そうした思いを胸に、この世界初のこの冒険は始まりました。2017年3月からスタートしたこのプロジェクト。すでに9ヵ国(8つの山)へのトライを成功させています。中にはヨーロッパ最高峰モンブラン(4810m)への山頂へのトライも含まれています。

 

この冒険をすると決めたことに至り、持病である痔を治し、身辺を整え、満身創痍でこの冒険に望んでおります。

 

しかし、本格的に登山をするのははじめてであり、また日本の山のような整った環境ではないため、冒険の間は終始トラブルに遭っており、道に迷うことは当たり前。ハイドレーション(水の保管袋)のチューブが凍結してしまい、水分補給ができないまま登頂したこともあります。

 

キツイ山登りですが、水分補給ができないともっとキツイです。

 

 

世界各国のラグビーファンとの交流も大切な任務

 

ラグビーを軸としてこの冒険の実施しているため、世界中のラグビーファンとの交流もこの冒険の大切な任務です。

 

訪ずれた国では、その国のラグビー文化を支えている方々へ会いに行き

 

「2019年に代表チームが日本に来ることを楽しみにしている!」

「是非、日本に来て一緒に応援しよう!」

 

と、伝える草の根活動を行なっています。ラグビーを介した、国境を超えた”Heart to Heart” の交流を身体を張って実践しています。

 

世界中のラグビーの愛するモノの声を、世界中のラグビー愛を、日本に還元することにより国内のラグビーを活性化できると信じております。

 

ルーマニアでの一枚。たまたま通りすがりに見つけたラグビースクールの練習に参加させてもらいました!

 

ラグビー好きのヒッチハイカーをレンタカーに乗せたこともありました!

 

日本代表のユニフォームの盗難に遭った際、フランス人女性の『宝物』をお借りしたこともありました!

 

元ラグビー選手と共にルーマニアの最高峰で記念撮影を撮りました!

 

ジンバブエで見かけたラグビーの試合では主審が女性でした!

 

 

イメージはラグビー版、武井 壮。外からラグビーの価値を高めたい!

 

あえてラグビー強豪国の最も困難であると考えられる場所困難な方法で行くことによって、この冒険は多くの物語を生み出します。

 

また、現在は価値が弱いかもしれない「ラグビー」と「登山」を掛け合わした『世界初』をコツコツと継続することにより、国内のラグビー界が所有する諸課題を解決する糸口となりうると信じて疑わないです。

 

今回のクラウドファンディングは数ある山の中から、最も高いアルゼンチンのアコンアグア(6,960m)と、最も低いウルグアイのカテドラル山(514mを登るための費用のご支援になります。 

 

どうか皆さまよろしくお願いします。

 

現在9カ国。道半ばです。

 

今回支援をお願いする南米遠征の他にも、まだまだ冒険は続きます。


◇◆◇ご支援金の使用用途◇◆◇

今回皆さんからご支援いただいた150万円は、アルゼンチン アコンアグアとウルグアイ カテドラル山にトライするために必要な渡航費30万円、滞在費10万円、現地移動費10万円、入山料10万円、ガイド費70万円、登山用具20万円などの購入費に充てさせて頂きます。

 

◇◆◇山へのトライのスケジュールとリスクについて◇◆◇

▶トライスケジュール

今回皆さんから頂いた資金で、2018年1月~3月の期間のうち、45日間で2つの山を登る予定です。※詳細なスケジュールは2017年12月には確定し、新着情報を通じて皆さんへご案内する予定です。

 

▶トライリスク

どんなに準備を重ねても、現地の天候が荒れて登れないという事態が発生する可能性をゼロにすることはできません。しかし、準備に前もってかかる費用などもあるため、万が一予定通りにトライできない際も、返金などの対応は致しかねます。

※プロジェクト実施について予定と異なる事象が発生するケースがございます。


◇◆◇メディア◇◆◇

個人メディア

ホームページ:https://www.worldtryproject.com

Facebook(個人):https://www.facebook.com/sohki.nagasawa

Facebook(グループページ):https://www.facebook.com/RugbyMountaineer

Instagram:https://www.instagram.com/sohking/

Twitter:https://twitter.com/Shoki_Nagasawa


▶外部メディア

TABILABO:http://tabi-labo.com/author/nagasawa_souki

転用されたメディア:MSN、Yomerumo by GMO、Newspicks 、livedoor、ネタりか


最新の新着情報