READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

滋賀県日野町*生きづらさを抱える若者たちの働く応援プロジェクト

滋賀県日野町*生きづらさを抱える若者たちの働く応援プロジェクト
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月26日(金)午後11:00までです。

支援総額

338,000

目標金額 1,000,000円

33%
支援者
26人
残り
36日
26人 が支援しています
服部学
服部学さんが2時間前に支援しました
坂原美津子(NPO法人スープル 代表)
坂原美津子(NPO法人スープル 代表)さんが15時間前に支援しました

応援コメント
服部学
服部学2時間前いつも若者に寄り添って活動いただいている坂原さんのエネルギーに感激します。ぜひこのチャレンジ成功させてください。 若者で日野…いつも若者に寄り添って活動いただいている坂原さんのエネルギーに感激します。ぜひこのチャレンジ成功させてください。 若者で日野駅前を元気にしましょう!
坂原美津子(NPO法人スープル 代表)
坂原美津子(NPO法人スープル 代表)15時間前いずみ様よりご支援いただきました。 コメント:頑張ってください!! (坂原美津子が代理購入) いずみ様よりご支援いただきました。 コメント:頑張ってください!! (坂原美津子が代理購入)
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
5お気に入り登録
5人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月26日(金)午後11:00までです。

5お気に入り登録
5人がお気に入りしています

プロジェクト本文

生きづらさを抱え立ちすくむ若者たちに仲間とともに安心して働く練習のできる場を

 

はじめまして。NPO法人スープルの坂原美津子です。


10年前、精神保健福祉士として相談の仕事をする中で、学校や社会の中で生きづらさを抱える若者たちとの出会いに心動かされ、そんな若者たちが安心して集える居場所を作りたいと沢山の方々の協力のもと、滋賀県日野町にNPO法人スープルを立ち上げました。

 

現在は代表として居場所の運営をするかたわら、こども食堂や学習支援・ひきこもり女子会など必要とされる社会課題に若者たちと共同運営しながら取り組むなど、誰もが支えあえる居場所、地域・社会づくりをめざしてさまざまな活動をしています。

 

そんな10年間の中で、生きづらさを抱え立ちすくむ若者たちに、仲間とともに安心して働く練習のできる場を、ゆっくりと立ち上がっていけるよう居場所に併設する形でつくりたいと考えました。

 

今回の挑戦では、2021年春、近江鉄道日野駅前に若者たちの働くを応援するパンカェのオープンを目指します。いただいたご支援金は、店舗改修費用に充てさせていただきたいと思っています。

 

NPO法人スープルがクラウドファンディングでの挑戦を決めたのは、資金調達はもちろんですが、若者たちの応援団になってくださる方を増やしたいとの願いからです。

 

自分たちのチャレンジを、自分たちのことを応援してくれる方がこんなにいるよ、ということを若者たちに伝えたい。それはきっと、若者たちの大きな勇気と力につながると思っています。

今回もそしてこれからの人生においても。

 

どうかあたたかいご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

 

誰もがいつでもやり直していいと思える場を若者たちとともに

 

居場所に集う若者たちは、まじめで一生懸命な人が多いです。それゆえにこれまでの様々な経験の中で、自己肯定感が低かったり、失敗することを極度に恐れていたり、誰かに頼ることが苦手で頑張りすぎてしまったり。そんな若者たちにとって、働くこと・働き続けることのハードルはとても高く、様々な方の協力を得て働くチャレンジをしても、続かなかったり、もうあと一歩を踏み出す勇気が出なかったりします。

 

そのため、仲間と支えあいながら働くチャレンジのできる場や、成功体験を通して自信や意欲を取り戻せる場、そして、地域や社会の大人たちが、そんな若者たちの働くチャレンジを応援できる場、人生のふとしたきっかけで立ち止まった若者たちに、「やり直していいんだよ」と伝えられる場。そんなあったかい場を作りたいと思いました。


誰の人生にもいろいろあって、そんな場があって そんな思いが広がれば、それはきっと若者たちだけでなく 誰もが生きやすい地域や社会に繋がっていくのではないでしょうか。そんな場を、若者たちと一緒に作りたい!と、このプロジェクトを立ち上げました。

 

 

 

2021年春、滋賀県日野町に若者たちの笑顔の場をひとつ増やすために

 

今回の挑戦では、2021年春に、滋賀県日野町の近江鉄道日野駅前に若者たちの働くを応援するパンカフェをオープンします。

 

このプロジェクトの具体的な内容を決めるにあたり、若者たちと何度も何度も相談を重ねました。自分たちにできることでお客さんに喜んでもらえることは何か、「勇気を出して働いてみたい!」と心動かされるものは何か。


出した答えは『コッペパンサンドのお店を開く』ことでした。

 

コッペパンは、食べることで子どもたちを応援したいと月1回無料で食事を提供してきた『こども食堂』でも焼いていたものです。「あったかい味がする」と大評判で、このパンを食べることを楽しみに『こども食堂』にきていた子どもたちもいたほどでした。

 

多くの人に愛していただける味の秘密は、いくつかあるのではと思っています。まず、可能な限り身体にやさしい材料と作り方をしていること。天然酵母を使い、しかもその一般的な発酵の3倍もの時間をかけてゆっくりゆっくり熟成させていくことで、小麦本来の味と食べたときのもっちり感を大切にしています。

 

 

さらには、若者たちがひとつひとつ丁寧に焼き上げていくこと。若者たちは、いろんな種類のパンを焼くことはできませんが、どちらかというとひとつのことをとことん追求することは得意です。「美味しい!」と喜んでもらえた経験が、若者たちの『コッペパン愛』に火をつけ、「もっともっと美味しいパンを焼きたい!」と、日夜研究を重ねています。

 

じっくりゆっくり時間をかけて美味しく焼きあがるこのコッペパンは、まるでここで働く若者たちそのもののようです。

 

そんな若者たちがゆっくりと働く体験のできる『コッペパンカフェ』を開くために場所を探していたところ、たくさんの方々のご協力のおかげで、近江鉄道日野駅前の空き店舗をお借りすることができました。日野駅は近年、再生プロジェクトによってレトロモダンな駅舎に生まれ変わり駅を利用してさまざまなイベントが催されるなどとても素敵な場所で、ささやかながらその駅前にパンカフェも加えていただけるという幸せに、ここからどんなストーリーが生まれるのか若者たちと今からわくわく夢を膨らませています。  

 

 

 

若者たちのこの夢の実現には、設備購入費用200万円、店舗改修費用300万円の計500万円が必要です。そのうちの設備購入費用200万円については、おかげさまで民間の助成金等がいただけることとなり、改修費用300万円も物品販売等によって自己資金をつくる努力をしていますが、まだまだ必要額には及びません。


そこで皆さまからお寄せいただいた支援金を、店舗改修費用にあてさせていただきたいと、このチャレンジを決めました。若者たちの夢と希望が詰まったパンカフェの開店に、ぜひ皆さまの力を貸して下さるようお願いいたします。

 

 

 

みんなにやさしいコッペパンやさん、やさしい地域や社会をめざして

 

この若者たちの働く場としてのお店で大事にしたいと思っていることがあります。

それは、『やさしさ』です。

 

ある若者が言いました。「やさしい人になりたい」と。

 

学校に通っていたときに心無い言葉を投げかけられ続けた記憶が、今もその若者の前に深く影を落とし、次の一歩を踏み出す勇気を阻んでいるかに見えます。過去の誰かを責めるのではなく自分がやさしい人になりたいと、悩み苦しみの末に辿り着いたであろうその思いは、人がやさしくあるということはどういうことか。今の私たちのいる地域や社会はやさしいといえるだろうかと、多くの問いを投げかけました。

 

そこで、若者たちのチャレンジの場をつくるにあたり大事にしたいと思ったのも、この『やさしさ』でした。

 

このパンカフェが目指す『やさしさ』は、身体に優しい材料を使い心を込めてパンを焼く、作りたての一番美味しいものを食べていだたきたいとの思いから注文をいただいてからサンドにしよう、そんなパンやパンの味はもちろん。

 

なにぶん働く練習中の若者たち、懸命にしていても、お待ちいただいたり、ときには間違えることもあるかもしれません。普通なら早いこと・決して間違えないことは正しく、クレームになってもおかしくないと思います。けれど何が普通かと考えるとき、スピードや効率・画一からこぼれ落ちざるを得なかったことで、もがき続けるたくさんの若者たちの姿はそれが唯一の正解なのかという問いを、私たちに投げかけている気がしています。

 

そこで、何を甘いことを言っているのかとお叱りを受けるかもしれませんがここはあえてそれを目指さない場所にしたいと思っています。

 

若者たちに、大事なのは精一杯頑張ることだと伝えたい。失敗したと立ちすくむ若者に「だいじょうぶ」とみんなが伝えられる場所でありたいそれはきっと、若者たちだけでなく誰もが働きやすい場、ほわっとあったかいみんなにやさしい場になるのではないでしょうか。


そして『やさしさ』は、若者たちの働き方のテーマでもあります。ともに勇気をもってチャレンジする仲間として、励ましあったり・助け合ったり、相手も自分も尊重しながら、働くこと・働き続けることを目指す、そんな優しい働き方が目標です。

 

買いに来てくださるお客さまを大切にする『やさしさ』

共に働く仲間と自分自身も大切にする『やさしさ』
チャレンジする若者を応援してくださる場としての『やさしさ』
さらには、このお店の『やさしさ』が、地域やしいては社会の『やさしさ
へ。

 

そんな、やさしさに溢れた『やさしいコッペパンやさん』を作りたいと思っています。

 

そんなお店のオープンにむけて、ぜひお力を貸してください。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

リターンについて

 

「支援してくださった皆さまに自分たちができる最大限のお礼がしたい! 」「けれど自分たちに何ができるのか・・」

 

悩んだ末、若者たちの出した答えは、それはやはり自分たち自身が得意とするもの。心をこめて焼いたパンや、長い長い時間をかけて描いた絵画しかない!と。

 

そこで、カフェで使っていただける無料券や、若者が描いたペン画を挿入したオリジナルグッズを、ご協力いただいた方への返礼品にさせていただくことにしました。中でもオリジナルグッズは、昨年末に開催した展覧会でもその独特の世界観でたくさんの人を魅了した若者のペン画のデザインを使用しています。

 

このクラウトファンディングへの協力を快諾してくれたことで実現しました。応援してくださる方々に、その世界観をマスクやエコバックとしてお届けできることを、作者である若者もとても楽しみにしています。

 

ぜひ若者たちの応援団になっていただき、返礼品に込めた若者たちの感謝の気持ちをお受け取りください。よろしくお願いいたします。

 

 


本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

 

本プロジェクトでは、リターン履行のため、食品衛生責任者資格・食品営業許可が必要となります。現在既に資格は取得するとともに営業許可申請の手続きもすすめており、プロジェクト実施予定である3月末日までには営業許可の見込みが立っております。(2021年1月14日現在

 

新型コロナウイルス感染症の影響・遅延も加味し、オープンが2022年春となる可能性がございます。予定通り、2021年春にオープンできた場合には、その時点で終了のご報告をさせていただきます。

プロフィール

坂原美津子(NPO法人スープル 代表)

坂原美津子(NPO法人スープル 代表)

相談業務を経て2010年より滋賀県日野町に不登校・ひきこもり等生きづらさを抱える若者たちの居場所づくりとしてNPO法人スープルを設立。居場所やこども食堂等を運営するかたわら、相談や訪問活動にも従事。精神保健福祉士。

リターン

3,000

alt

お気持ち応援コース

■オリジナルカードによる若者からのお礼のメッセージ

心をこめてお礼のメッセージを送らせていただきます。

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年5月
このリターンを購入する

10,000

パンカフェ食べて応援コース

パンカフェ食べて応援コース

■パンカフェで使用できるお好きなコッペパンサンド2つと飲み物1杯に使っていただける無料券お2人分
*有効期限:発行から半年以内

■オリジナルカードによる若者からのお礼のメッセージ

パンカフェの若者たちが心を込めて作るパンと飲み物に使っていただける無料券2枚と、お礼のメッセージカードをセットにしたコースです。

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送予定
2022年2月
このリターンを購入する

10,000

【オリジナルグッズで応援!】オリジナルマスク+オリジナルクリアファイル

【オリジナルグッズで応援!】オリジナルマスク+オリジナルクリアファイル

■オリジナルマスク 1枚
■オリジナルクリアファイル 1枚

■オリジナルカードによる若者からのお礼のメッセージ。

若者のペン画デザインをオリジナルのマスク・クリアファイル、心をこめたメッセージカードにしてお送りします。

支援者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

30,000

【オリジナルグッズで応援!】オリジナルマスク+オリジナルエコバック

【オリジナルグッズで応援!】オリジナルマスク+オリジナルエコバック

■オリジナルマスク 2枚(2種類)
■オリジナルエコバック 1枚
■オリジナルカードによる若者からのお礼のメッセージ

若者のペン画デザインをオリジナルのマスク(2種類)・エコバック、心をこめたお礼のメッセージカードにしてお送りします。

※エコバックのデザインは変更の可能性があります
※複数口も可能です

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

30,000

応援団として店舗に企業・個人名を残すコース(冊子)

応援団として店舗に企業・個人名を残すコース(冊子)

■冊子に名前を掲載(任意)

パンカフェ内の常設冊子に応援団メンバーとして名前を掲載させていただきます。
(希望されない場合、また掲載名はご要望に応じます)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

50,000

応援団として店舗に企業・個人名を残すコース(木製札)

応援団として店舗に企業・個人名を残すコース(木製札)

■木製札に名前を掲載(任意)

パンカフェ内の常設木製札に応援団メンバーとして名前を掲載させていただきます。
(希望されない場合、また掲載名はご要望に応じます)

※複数口ご購入も可能です。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年8月
このリターンを購入する

プロフィール

相談業務を経て2010年より滋賀県日野町に不登校・ひきこもり等生きづらさを抱える若者たちの居場所づくりとしてNPO法人スープルを設立。居場所やこども食堂等を運営するかたわら、相談や訪問活動にも従事。精神保健福祉士。

あなたにおすすめのプロジェクト

脳卒中など障がいのある方の運転再開に向けたリハビリを支援したい

合同会社ラシエイド 岩佐英志合同会社ラシエイド 岩佐英志

#医療・福祉

89%
現在
445,000円
支援者
21人
残り
8日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする