ブラジリアン柔術教室『SOLROSTO』サポートクラス(障がい児・者クラス)、地域クラスのインストラクターをさせて頂いてる神尾竜矢です。

小学校3年生からずっと柔道をしていて寝技が好きでもっと強くなりたいと思い16歳の時にブラジリアン柔術に出会いハマっていきました。

当時は高校1年生のガキンチョでした!

16歳の夏にNPO法人サンフェイスで働き始め昼はヘルパー夜は柔術の練習をしていました。

19歳の時に「障がいを持ってる人や地域の子どもに教えてみいひん?」との代表の言葉でサポートクラス、地域クラスを立ち上げました。

サポートクラスを立ち上げて4年目になりましたが、最初は基礎の動き、ルールを守ることの2つを教えるのが難しく口頭だけでは無理だったので、実際に見本を見せたり、視覚的にわかるように写真などで手順書を作ったりして毎回毎回同じことの繰り返しで、4年目で完璧にはできないが少しずつ出来るようになってきました。特に難しいと感じたのが感情の出し方です。

負けると大泣きで、手が出たり、自傷行為など色々とあり大変でしたが、その行動も減ってきています。

毎回壁にぶち当たりながら壊す作業の繰り返しでしたが日々成長を感じさせられます。

 

しかし、現在障がいを持っている方たちが出場できる公式の試合がありません。

それはおかしい!

みんなが試合に出て活躍できる環境を作りたいという思いから出来たイベントが【ZION】です!

去年第1回目を開催しましたが色々な方のお力のおかげで成功させる事ができました。

今年第2回目を開催するのですが、前回よりもレベルアップした大会を作りたいと思い、1回目よりも色んな事に挑戦しています!

 

そもそも【ZION】ってなんやねん?

 

日本初のエンターテイメント型ブラジリアン柔術大会で、一般の方はもちろん障がいを持っている方、家族で来ても楽しめるイベントです!

柔術の試合、音楽ライブ、ダンス、フードなんでもごちゃ混ぜのイベントです。

試合はスポットライをバチバチに浴びて、DJが音楽が流す中、煽り映像もあり、普通なら経験ができないイベント!

 

それが【ZION】です。

 

少しでもみなさんのお力をお貸し頂きたいです!

 

ご協力、ご支援よろしくお願い致します。

新着情報一覧へ