READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
NEXT GOAL挑戦中

未来を変えるウガンダのKOMOREBI小学校いよいよ開校

こもれび

こもれび

未来を変えるウガンダのKOMOREBI小学校いよいよ開校
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月11日(土)午後11:00までです。

支援総額

1,151,000

NEXT GOAL 1,400,000円 (第一目標金額 1,000,000円)

115%
支援者
155人
残り
6日
プロジェクトの支援にすすむ
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月11日(土)午後11:00までです。

プロジェクト本文

ネクストゴールの設定

皆様の協力のおかげでプロジェクトの目標金額を達成することができました。感謝します。ありがとうございました。今後はプロジェクト最終日までをセカンドチャレンジとし、目標を140万とします。お預かりした支援金は職員室の机や棚などの購入費用にあてる予定です。引き続きご協力よろしくお願いします。

 

KOMOREBIという学校への想い。「こもれび」の持つ意味は 木々の葉のすきまから射す日の光で、まばゆくて目を閉じてしまうほどに美しいもの。魔法のように心をゆさぶる、穏やかであたたかい幸せな気持ちにさせると記されている。 

我々はさんさんと降り注ぐ支援はできない。しかし、限りあるほんの少しの支援ではありますが、我々の支援活動で子供達が幸せになってほしいと願っています。 

また、木漏れ日はたくさんの方向に延びている光です。ここを育った子供達が木漏れ日のように多方面で活躍し、ウガンダに貢献できるようになって欲しいと願っています。

 

 

 新聞でも紹介されたように、2021年12月ドバイ行きの飛行機で隣になった縁から始まったウガンダでの学校創り。いよいよ2023年1月23日に学校がオープンします。ウガンダで学校創りは10年ほどかけて行う一大イベント。1年で開校までに至ったことは、ウガンダでは驚きを隠せません。3月に土地を購入して、いざ建設となると円安が始まり、予定額をはるかにオーバーとなりました。

 今回は学校開校にともなる準備として、机や椅子、黒板など生徒を受け入れるために必要な物の購入のため、クラウドファンディングを立ち上げました。ウガンダの様子やKOMOREBI小学校の進捗状況、地元の方々の期待などを7月に渡航した時の様子と共にお伝えしたいと思います。

 

 

現地責任者のジェームスのお迎え

(エンテべ国際空港にて)

左からジェームス、真鍋、加藤、立木、池田、ミラン

 

ウガンダ

 日本から飛行機で20時間ほど。ドバイやエチオピアを経由します。エンテべ空港からグルまでは車で6時間ほどがKOMOREBIの地です。

 

イエローカード取得

ウガンダ渡航には黄熱病対策のワクチン接種が必要です。

 

在ウガンダ日本大使館訪問

 当たり前ですが警備が厳しく中の撮影はできませんでした。ウガンダの気候・教育・コロナ状況などをお聞きしました。教育熱心な国であること。( 学校建設に期待されていることを感じました。)治安は落ち着いていると話されました。( 実際に渡航中心配だったことはなかった。)赤道が国を通っているが、標高が1000mほどであるため過ごしやすいですよと言われました。( 本当に過ごしやすく帰国したときの日本の暑さに驚きました。)

 

KOMOREBIの地で歓迎会をしていただきました。

コミュニティの方々500人以上の人がら集まっていただきました。

 

歓迎の踊り

ウガンダで来賓のためだけに踊るダンスを披露してもらいました。

 

セレモニー

5時間ほどのセレモニーには国会議員、地元教育委員会などから参加多数でKOMOREBI小学校への期待の大きさが知れました。

 

KOMOREBIの地

国旗掲揚塔に日本とウガンダの国旗を掲げていただきました。

 

 

植樹

KOMOREBIの地に12本の木を植樹しました。

 

国会議員さんを含めたコミュニティの代表者

沢山の方々が関わって支えてもらえている実感が湧きました。

 

サッカーの様子

KOMOREBIアカデミーを創設。学校の敷地内にfootballピッチを創りました。地元の子どもたちがサッカーをしに集まってくれました。

 

サッカーの盛り上がりに圧倒されると共に、裸足で普通にボールを蹴る姿に驚かされました。

 

建設プランと進捗状況の説明

 

学校建設の状況

屋根は緑

 

 

扉は赤

 

職員棟は完成まではまだ先です

 

子ども用トイレ、男性2、女性2建設

 ウガンダの学校では男性と女性とを分かれていない事が多いそうです。女の子は学校のトイレが嫌で家に帰る事もあるようです。日本大使館の方から男性と女性を分けて作ってあげてくださいとお話をいただきました。

 

井戸

地元国会議員とテープカット

田中様の支援で井戸を作っていただきました。KOMOREBIの井戸として地元の方々にも使ってもらっています。

 

支援物資

160Kほどの子供服やサッカーボールを皆様からお預かりしてきました。

 

地元の学校訪問

隣の学校に訪問させていただき、ウガンダの教育事情を学びました。支援物資をお渡ししました。

 

ウガンダの雨期の様子

雨期には道が水没します。遠くまで通えない子供達は学校を休みます。地域の学校の存在が大切です。

 

ウガンダの年間計画

2023年は1月23日からスタートします。

 

KOMOREBI小学校の校長先生をお願いするジャスティン氏

 これまで学校や警察学校の先生をされてきました。ウガンダ1の学校を創りましょうと言われジャスティン氏に依頼できて嬉しく思いました。

ジャスティンからのメッセージ

 Komorebi Primary School and Football Academy is really a blessing to the community of Oilango village. The school is well situated which is going to benefit the children who had been suffering for very long walking over 4km going to school and 4km coming back everyday. We're very proud of the school. 

 The school has a bright future in terms of enrollment. It is the only Primary school in Northern Uganda with a Football academy. I expect to have a population of over 300 pupils within only three years of operation. In five years, I expect to have all the candidates registered under the school to pass with a first grade and that good performance will again attract higher enrollment of the pupils. Recruitment of competent teachers who have the ability and skills to handle their learners is our responsibility. 

 

2022年10月9日ウガンダ🇺🇬大使館主催の独立60周年レセプションに招待いただきました。

 

レセプション会場にて。

ウガンダ大使(右から2人目)と撮影

教育の大切さとウガンダで学校を創設することに感謝するとお話いただきました。

 

Lamunu Lucy Ruth

ラムヌ ルーシー ルース

( KOMOREBI実行メンバー )

ウガンダの子供達の未来を変える学校を創るという強い信念で日本とウガンダで孤軍奮闘中。

 

KOMOREBIフットボールアカデミーを日本からサポートしてくれるアドバイザーとダイレクター

ゼムノビッチ氏と加藤到氏

 

●予算

1,300万

・土地200万

・土地改良、サッカーピッチなど100万

・校舎3部屋700万

・井戸70万

・トイレ50万

・いす机、黒板など80万

・ウガンダ内弁護士、司法書士50万

・学校立ち上げダイレクターなど人件費50万

今回のプロジェクトでは学校スタートに必要な机やいすなどの購入に支援金を充てます。

 

●開校までの流れ

2022時7月 校長決定

2022年12月 校舎建設完了

2022年12月 学校認可

2022年12月 生徒募集

2023年1月23日 学校オープン

 

●協力いただいている企業様

株式会社セイワ工業

株式会社北斗

株式会社クリスタルコーヒー

名古屋オーシャンズ

ここいの株式会社

 

 クリスタルコーヒーのウガンダコーヒー

 25年前からウガンダで活動されているクリスタルコーヒーから「ほんもの」の自然栽培で大切に育てられたフェアトレードコーヒーを提供します。有機栽培・オーガニックの先をゆく「自然栽培・無農薬」コーヒーです。 自然と微生物がつくるサイクルと、太陽のめぐみだけでコーヒー豆を育ててる「アグロフォレストリー」という、いわば大自然をそのまま生かす「無農薬・無施肥」(自然栽培)を行っています。

 サッカー元日本代表の本田選手がオーナーとなっているウガンダプロリーグのチームを支援するクラウドファンディングで、クリスタルコーヒーが返礼品で使われたこともあります。 

 ※食品については、実行者が許可を有する業者から仕入れを行います。リターンの発送については責任を負いますが、発送業務自体は当該業者にて行います。

 

 

池田博貴

( NPO法人五条クラブ / KOMOREBI責任者 )

NPO法人五条クラブ支援活動代表

2018年からネパール支援活動

ネパールサハラサッカークラブコーチ

県立高校教諭

 

 これまで五条クラブでの活動を通して、地域住民に対してスポーツ、文化又は芸術の振興に関する事業を行い、地域社会における生涯学習の発展に寄与することを目的とする活動をしてきました。2011年からは東日本大震災の復興支援を続けており、10年間に40回ほどの訪問を行ってきました。 そして、2018年からはサッカーでの縁からアジアの支援として、ネパールとの交流と物資支援を始めました。3回の訪問と、コロナ渦における物資支援で学校とサッカークラブに支援を続けております。最近では、JFA2022年11月号特集「私とフットボール」に掲載されました。

 

 

池田千紗

法政大学キャリアデザイン学部在籍

2020年ドバイ国際博覧会日本館アテンダント

 

 

立木茂

( HMNY DMCC 代表取締役 )

 

 

平田晴之介

( グラフィックデザイナー )

2021年より東京にてフリーのグラフィックデザイナーとして活動を始める。東京TDC入選、第10回ファウンダータイプ SELECTED PRIZEなど

 

 

第1回KOMOREBI小学校

第2回ネパール支援活動

第3回ネパール支援活動

第4回ネパール支援活動

第5回ネパール支援活動

サハラクラブ支援活動

福島応援プロジェクト

 

 

MIRAN777チャンネル / ウガンダ訪問時の様子

YouTube / ユーチューブ

Instagram / インスタグラム

Facebook / フェイスブック

Twitter / ツイッター

 

 

※SDGSロゴの掲載許可を得ております。

 

動画、画像は掲載許可を得ております。

プロジェクト実行責任者:
長谷川宏(五条クラブ)
プロジェクト実施完了日:
2023年2月10日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

ウガンダのグルにKOMOREBI小学校を開校するため集まった支援金で生徒や教員の机や椅子、教材の準備など教育活動の準備にあてる。

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上で必要になる資格や許認可について
ウガンダでのNGO申請中。トイレを完成させて学校の認可を申請する予定
プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
一般企業にスポンサー依頼をして資金の調達を達成させる

プロフィール

こもれび

こもれび

NPO法人五条クラブは、地域の子供たちのサッカースクールや、生涯スポーツのためのテニススクール、福島への被災地支援活動、国際支援活動などを行なっています。

リターン

3,000+システム利用料


あなたもKOMOREBIの仲間

あなたもKOMOREBIの仲間

感謝のメールを送ります
リターン不要な方が対象です

支援者
81人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

10,000+システム利用料


本物のウガンダコーヒーを楽しんでください

本物のウガンダコーヒーを楽しんでください

本物のウガンダコーヒーを送ります
感謝のメールを送ります

支援者
68人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

20,000+システム利用料


本物ウガンダコーヒー堪能してもらいます

本物ウガンダコーヒー堪能してもらいます

本物のウガンダコーヒーを送ります
感謝のメールを送ります

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

100,000+システム利用料


校舎にお名前を記載 & 本物のウガンダコーヒーをお送り致します

校舎にお名前を記載 & 本物のウガンダコーヒーをお送り致します

校舎に名前を記載させていただきます
感謝のメールを送ります。
本物のウガンダコーヒーを送ります

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年12月

250,000+システム利用料


校舎にお名前を記載&本物のウガンダコーヒーをお送り致します

校舎にお名前を記載&本物のウガンダコーヒーをお送り致します

校舎に名前を記載させていただきます
感謝のメールを送ります
本物のウガンダコーヒーを送ります

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年12月

プロフィール

NPO法人五条クラブは、地域の子供たちのサッカースクールや、生涯スポーツのためのテニススクール、福島への被災地支援活動、国際支援活動などを行なっています。

あなたにおすすめのプロジェクト

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター のトップ画像

車いすユーザーの社会参加を応援する!WheeLog!サポーター

織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)織田友理子(一般社団法人WheeLog 代表)

#観光

継続寄付
総計
121人

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る
プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする