プロジェクト4日目の進捗報告をさせて頂きます!

本日は、このプロジェクトの大きな山場であった通関の手続きを行いました。昨日、当初の予定より少し出遅れてしまったことや、通関申請が受諾されなかった場合、このプロジェクトの実現が難しくなる可能性が出てきてしまうという重要な局面であったため、僕達も一層の緊張感を持って臨みました。

 

結果としては通関申請は無事受諾され、残すは通関費用の支払いのみになりました!
しかし、エチオピアの人々とのつながりなくしては、プロジェクトは決して前進しなかったと思います。

「エチオピアでフィールド調査をしたいから手伝ってほしい」という突然の荒唐無稽なお願いにも快く応えてくれたファシル。

持ち前の熱い語り口で、現地政府や税関との交渉を円滑に進める柱となってくれているイドゥ。

冷静だが温和な性格で多くの友人を持ち、また現地での移動手段となる車輌を提供してくれているシャー。

そのほか、行政長官のジェレテや税関エージェントのゲタチョなど、とてもたくさんの方々のご厚意で、プロジェクトをここまで進めることができました。

感謝しても感謝してもしきれません。
 

↑本日入手した通関費用の払い込み証紙

 

そして遂に現地時間明日9月9日、プロジェクトの最終目標であるバチョワレダ地域へ110個の浄水器設置を予定しています!ワレダ地域の長官のご厚意により、当日は集落の方々を役場に集めて頂くことになりました。そこで水環境に苦しむ方々と対話し、支援してくださった方々の想いを伝え、皆が笑顔で安全な水を飲む姿を目に焼き付けて来たいと思います!

残り二日間、支援してくださった方々のお気持ちに応えるべく全力で駆け抜けていきます!

新着情報一覧へ