プロジェクト概要

御礼

この度、目標金額として掲げておりました150万円の目標金額を達成しました!


たくさんのご支援や応援を頂き、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございます。皆様から頂いたご支援で、児童養護施設の子供たちのために、謹んで活動致します。

 

残りの掲載期間は今日を除くとあと3日と非常に短い期間ではありますが、私達は新たに200万円という目標を掲げます。

 

別途集めております募金額が当初見込みに達していないため、150万円の資金調達が成功してもまだ呼べる子どもたちと大人サンタの人数が不足している状況です。
 
これだけのご支援をいただいて、重ね重ねのお願いで大変恐縮ではありますが、

残りの掲載期間で、200万円という新たな目標に挑戦します!(今回追加した50万円により15~20名の子供たちをディズニーランドへ招待できます)

 

ひとりでも多くの子供たちが満面の笑顔になってもらうため!どうか引き続きご支援よろしくお願い致します。

2017年11月21日追記

 

 

全国の児童養護施設の子どもたち200名へのクリスマスプレゼント。ディズニーランドで最高の時間を!

 

初めまして、私たちはKokoNowという団体の中で、社会貢献活動を推進している有志のチーム「DREAMS COME TRUE PROJECT」です。この度2017年12月3日のチャリティイベント実現に向けて、皆さまのお力添えを頂く機会を得られることを、心より感謝申し上げます。

 

私たちは、普段は児童養護施設の表敬訪問や子ども向けイベントの企画・運営をしております。直近では、元NBA永久欠番選手を招いたチャリティバスケイベントや暑気払いとして流しそうめんとスイカ割り大会を子どもたちと開催しました。

 

今回のプロジェクトは、KokoNow会長ジェームス・スキナー(※)が2001年から2012年まで毎年行っていた『大人サンタ』というチャリティイベントの復活版で、昨年2016年が復活第一弾、そして今年が第二弾の企画となります。

 

もともとはジェームス個人が有志を集めてましたが、私たちのチームでどこまでたくさんの子どもたちを集められるか、参加する大人サンタを広められるか、という新たなチャレンジが今回。今年は昨年の子どもご招待70名からグレードアップし、全国の児童養護施設の子どもたち200名をディズニーランドに招待をすることを、目標として企画準備を進めています。

 

しかし、非営利で活動していることから、どうしても資金面の壁にぶつかってしまいます。目標の子どもたち200名招待を達成するためにも、どうか皆さま、ご協力いただけないでしょうか。

 

KokoNowの会長で大人サンタを10年以上続けたジェームス・スキナー
子どもたちとのバスケットイベントにて

 

※ジェームス・スキナー:アメリカ大使館、NEC、日本生産性本部、アメリカ最大級の研修会社の日本支社長を歴任。経営コンサルタントとして、100社以上の大企業や政府機関を指導、ベストセラー「7つの習慣」を日本に紹介したことでも有名。また、より良い人生を送るため社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

 

2001年から10年以上続いたジェームス・スキナーの「大人サンタ」を復活。 そして今年はもっと多くの子どもたちとともに……

 

この『大人サンタ』は2001年から2012年までジェームス・スキナーが毎年開催していたイベントで、さまざまな事情で児童養護施設にいる子どもたちに、夢や希望を与えたい!という思いが込められています。子どもたちをサポートする大人サンタと一緒に非日常を感じながら遊ぶことで、「こんなに楽しい時間があるのか!」「自分たちにも優しく頼れる大人がたくさんいるんだ!」と感じてもらい、少しでも未来への活力、前向きな気持ちを持ち帰ってもらうことが趣旨となってます。

 

私たち「DREAMS COME TRUE PROJECT」により2016年にジェームス・スキナーの協力の下、イベントを復活させることができ、昨年は70名の子どもたちと70名の大人サンタで実施しました。

 

2016年の「大人サンタ」イベントの様子
※参加した子どもたちに配慮して画像を加工しています

 

~前回イベント参加者(大人サンタ)の声~

子どもたちの変化だけでなく、時間を共有した大人にもハッピーを!

 

<大人サンタ T・Jさん>

同じグループにいた子どもは偶然にも息子と同じ年齢でした。子どもたちが成長して行く姿を見届けることできる幸せはかけがえのないもので、お別れの時に「わたしプロになる!決めた!」と目を輝かせて言ってくれました。

始まる前は心を閉ざしていた子たち。その子たちがくれたGiftは世界を変える力を持っていると思いますし、その始まり・きっかけを与えられるこの場は本当に素晴らしいと思いました。

 

<大人サンタ A・Kさん>

一緒に回ったのは多感な頃の女子集団でした。当初は伏し目がちで表情も余り出さなかったのですが、時間が経つにつれて自分たちで地図を広げ、どんどんと行きたい場所へ歩き出す!キャラクターのところへ駆け寄って、ちぎれるくらいに手をいっぱい振ったり!などうれしそうにする様子は圧巻でした。

 

<大人サンタ Y・Sさん>

私がご一緒した児童は1歳と4歳の男の子でした。1年中、滅多に施設の外にでることはなかったみたいですが、実は感受性にとても優れていて、新鮮な世界を観て、聴いて、感じて、たくさんの反応を示していたので、このような機会は必要だと実感しました。

 

DREAM COME TRUE PROJECT ~その他の活動~

私たち「DREAMS COME TRUE PROJECT」では、この大人サンタ以外にも、さまざまな活動をしています。その一部を紹介します。

 

▶元NBA永久欠番選手を招いたチャリティバスケイベント(6月)

児童養護施設の子どもと開催地(千葉県柏)の現地のバスケ経験者(中学生など)とのバスケクリニックを開催。またバスケパフォーマーでギネス記録保持者のもりもりさんによるバスケパフォーマンスもお披露目しました。

 

▶流しそうめん&スイカ割り大会(7月)

暑気払いとして児童養護施設の子どもたちとの企画を実施。楽しいふれあいの時間を共有しました。

 

昨年のイベントの反応を受けて、1年かけて準備をしてきた今回の「大人サンタ」を皆さんと一緒につくり上げていきたい。

 

昨年70名だった子どもの参加者ですが、今年は200名を目指しています。もちろん簡単なことではありません。このような企画を実施する場合には、安全面に考慮して、児童養護施設の子ども5名に対して、施設の職員1名、大人サンタ、大人サンタ経験者という組み合わせするといった工夫も必要です。つまり、参加者が増えれば必要な大人も増えてくるのです。

 

資金面に加え、人員面にも乗り越えなければならない課題があるため、この企画準備は2016年12月の昨年のイベント終了後から開始しました。集客活動の強化、対象の児童養護施設の拡大およびご相談、それに伴う移動費や諸経費の捻出、人数が増えることによる課題の洗い出し、その対策など入念な準備を実施。そしていま、開催にかかる費用が集まれば実現!というところまで来ているのです。

 

<実施概要>


・開催日時:2017年12月3日 8:00~18:00

・開催場所:東京ディズニーランド

・参加予定人数:子ども 200名(※1)

       :大人サンタ 200名(※2)


 

※1:本クラウドファンディングプロジェクトでは150万円を目標金額としておりますが、200名の子どもを招待するためには、600万円必要であり、差分は別途寄附金を集めております。そちらで集まったお金およびご招待できる子どもの数は、追って「新着情報」「終了報告」で開示致します。

※2:子どものご招待人数および大人サンタ参加希望者の数によって変動します。

 

昨年の大人サンタの様子!

 

児童養護施設で暮らす子どもたちに責任はない。大きな可能性を秘めた彼らに素晴らしい一日をプレゼントして、未来への希望を抱いてほしい。

 

さまざまな理由で両親と一緒に暮らすことができない児童養護施設の子どもたちに、クリスマスの一生の思い出となる素晴らしい一日をプレゼントしたい!ワクワクする時間を過ごし、誰にでも夢と希望に満ちた未来をイメージしてもらいたい!という思いからこのチャリティイベントを開催します。

 

また、このイベントを開催するにあたって、当日はもちろん、その準備から多くの大人がかかわっていることを少しでも感じてもらい、自分たちの背中を押してくれる大人たちがたくさんいることを知ってほしいというのが私たちの強い想いです。

 

ひとりでできることはほんのわずかなことだけれど、多くの人が賛同し、協力しあうことで、大きなことが実現できることを証明したい!そのためにもぜひ応援よろしくお願いします。そして、この取り組みが大きくなり、ゆくゆくはDREAMS COME TRUE PROJECTのイベントで貸し切れるくらい大きくなればいいな!なんて本気で思っています。

 

皆さんよろしくお願いします!

 

◇◆◇ご支援金の使用用途◇◆◇

皆さまからいただいたご支援金150万円(※3)は、今回200名の子どもたちを招待するために必要な600万円の一部に充てさせていただきます。

※3:150万円は、約40~50名の子どもたちを招待できる金額に相当します。

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)